界面活性剤とは?わかりやすくまとめました【有害ってホント?】

公開日: 

化粧品、シャンプー、洗剤類にふくまれている
界面活性剤って聞いたことあるけどカラダに悪いの?
わかりやすくまとめています!

スポンサードリンク

一度気にしてしまうと色んな商品に含まれていることがわかりますよね。
例えば乳液、化粧水、シャンプー
洗濯洗剤、食器用洗剤、そして消臭スプレーにいたるまで・・・

00211c1218edbb69001adf5c1a6d7138_s

こんなに身近な物にまで含まれている
界面活性剤ですがいったいどのようなものなのでしょうか?

界面活性剤の役割

まず界面活性剤は【本来は混ざり合わないものを混ぜた状態で保つ】
という役割の為に配合されます。

本来混ざり合わないものの代表は【水と油】ですよね。
この時によくマヨネーズで説明されます。
258006
マヨネーズは主な成分は油と酢そして卵黄です。
油と酢をまぜるだけでは分離したようなドレッシングにしかなりません。

しかし卵黄を加えることによって、
ぷるっとしたマヨネーズになるのです。

この時の界面活性剤の役割を持つのは卵黄に含まれる【レシチン】です。

どうですか?
少し界面活性剤のことがわかってきましたか?

そして洗剤類にいたっては界面活性剤を加えることによって、
得られるメリットがもう一つあります、
それは【泡立ちがよくなる】ということです。

泡立ちが良くなることで洗浄力が増すわけではないのですが、
泡立ちが良いほうが、消費者に選ばれやすいという理由で、
現在は配合されることが多いようです。

界面活性剤は有害?

界面活性剤は全て悪者のように説明されていることもしばしば
ありますが、全てが有害なワケではないのです。

スポンサードリンク

界面活性剤には天然由来のものと石油由来のもがあり、
石油由来の合成界面活性剤が人体に少なからず影響をおよぼします。

どのような影響があるのかというと、
たんぱく質を壊したり、皮脂を溶かすまた発がん性もあります。

例えば、シャンプーや洗顔、クレンジングなどに配合されていれば、
知らずのうちに口にはいってしまったり、皮膚からも侵入してしまいます。

たまに洗顔を変えると肌がつっぱったり、
かさかさしてしまうことはありませんか?

おそらく合成界面活性剤の影響でしょう。
必要な皮脂までとかし、皮脂というバリアの下にある
素肌(たんぱく質)を壊してしまっているから
保湿が正常にできなくなっている状態なのです。

また体内に入ってしまった合成界面活性剤は
分解することもできず、そのまま蓄積してしまいます。

ちょっと有害すぎてコワいですよね

どんどん蓄積させたくありませんよね。
だからあなたも今後の化粧品類、洗剤類は
賢く選ぶ必要があります。

合成界面活性剤はたくさん種類があり、
なかなか成分表をみても難しいのですが
一番避けたいのが【ラウリル硫酸系】です。

化粧品や洗剤の中でも多く合成界面活性剤が使われているのは
実はシャンプーなのです。

多い物は10%以上が含まれているようです。

あなたの使っているシャンプーの成分表をぜひチェックしてみて下さい。

現在は界面活性剤が配合されていないこのような
シャンプーも販売されているので、
できるだけそのような商品にシフトしていきたいですね。

WS000019

アートネイチャーのスカルプシャンプー【LABOMO】

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑