セラミドは化粧水?美容液どっちをつけたほうが良い?

公開日: 

乾燥が気になる、しわも気になる、
もっと保湿をしていきたいという方は
そろそろセラミドが入っている
化粧品を始めた方が良いかもしれませんね。

しかしセラミドは化粧水やクリーム、
美容液にも良く使われていて、
どの基礎化粧品でセラミドのケアを始めればよいか
よくわからないですよね。

セラミドの効果を最大限に引き上げるにはどこから使えばよいかを
まとめていきます。

スポンサードリンク

セラミドはいつ使えばイイ?化粧水?美容液?

セラミドはわかりやすく説明するとバリア機能、
そして保湿をするためのスポンジのような役割です。

セラミド

セラミドが不足してしまうと
保湿そのものができないので、
どんどん乾燥していってしまいます。

吸水性の悪いスポンジって役に立ちそうにないですもんね。

つまり保湿がちゃんとできるようにケアすることが必要なのです。

だからセラミドは洗顔後の汚れをとった直後に
肌の奥にしみこませることが一番賢い方法なのです。

さてセラミド入りの化粧水を導入すればいいことが
わかったところで、次にどのメーカーから選べばいいかですよね。

セラミド入りの化粧水の選び方とは?

ドラッグストアなど選ぶとすると
有名どころはキュレルやソフィーナがありますが、
化粧水にはセラミドは入っていません。

ただし安価で始めてみたいというかたは
キュレルのラインで始めてみても良いかもしれません。

セラミド入りの化粧水を選ぶときに注意したいことが2つあります。

一つ目は
浸透性がよいものかどうかということがポイントです。

スポンサードリンク

たとえば、最近ではびたみんC誘導体という成分も聞いたことがあると思います。
これが入っていると、肌の奥までグングンと
浸透させてくれるので、保湿ケアが肌の奥からできます。

二つ目は
添加物が少ないものです。
着色、香料、などは論外ですが、
最近ではエタノールフリーやパラベンフリーという化粧水も増えてきていますので、
できれば肌に刺激を与えないものを選びましょう。

いかがですか?
あなたにあったセラミド入りの化粧水、探せそうですか?
そんなのを探すのはめんどくさい!という方は
次の章も見てみてくださいね。

きっと参考になると思います。

今話題の皮膚科でも使われているセラミド化粧水とは?

セラミド入り、ビタミンC誘導体入りの
化粧水のグラングレースローション、
聞いたことがありますか?

現在500件以上もの皮膚科や
美容皮膚科で使われている化粧水です。

なぜそのようなトコロで使われているのかというと、
保湿ケアが効率出的にできて、
ぷるんとした肌で、はり、ツヤも取り戻しせる効果があるからです。

配合しているのは
セラミド、ビタミンC誘導体だけじゃなく、
年齢肌の原因に直接働きかけるペプチドも配合されています。



つまり化粧水なのにエイジングケアが
できてしまうということなのです。

この化粧水を使えば、ハリもで化粧のりもよくなったり、
弾力も増すのでシワもうすくなってきて若く見られたりするようになります。

肌に刺激を与えるエタノール、香料なども入っていないので、
安心して使えますよね。

価格は4200円となっているので、ドラッグストアで買える
キュレルなどよりは高いですが、
今なら初回限定で2800円で試すことができるので、
気になった方は一度、使ってみてはいかがでしょうか?

皮膚科、美容皮膚科で使われている
化粧品は【クリニカルコスメ】と呼ばれているようです。

あなたもグラングレースローションで
クリニカルコスメデビューしてみてください。
肌にもっと自信が持てるかもしれませんよ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑