傷みにくい白髪染め 市販で選ぶならどれ?やっぱりカラートリートメント?

公開日:  最終更新日:2016/02/11

美容院でカラーをしても
1か月から2か月で根元が白くなってしまって、
頻繁に美容院へ行かないといけない・・・
時間もかかるし、費用もかかる・・・

でも自分で染めるのは何かとメンドウだし、
髪も痛みやすいって聞きますよね。

どのような白髪染めが傷みやすく、
また傷みにくい市販の白髪染めがあるのか
まとめてみました。

スポンサードリンク

傷みにくい白髪染め 市販で選ぶならどれ?

白髪染めには2剤式、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメント、
などの種類に分けられます。

f95552ca10a1dd9fc948e6f2b4f427a4_s

この中でも傷みにくいのはヘアカラートリートメントなんです。

トリートメントタイプでは染まり方は他に比べると遅いのですが、
頭皮、髪の毛自体にもダメージを与えにくいので
肌トラブルになる方も少ないようです。

 

良くCMで見かける2剤式の白髪染めや
泡の白髪染めがありますが、この二つはとても傷みやすいんですよね。

 

短時間でも染まりやすいというのが売りですので、
強力な染料が入っているのです。
その染料は人によってかゆくなってしまったり、
かぶれたりしてしまうのです。

 

傷みにくいのはやっぱりヘアカラートリートメント

例えば今通販で人気があるのは、
ダメージゼロの白髪染めと言われるLPLP(ルプルプ)です。


このルプルプは染料は植物由来のもの(ベニバナ、藍、クチナシ)
のみ使っていて、素手でも染められるんですよ。
しかも手に色がつかないのでカンタンに染めることができるんです。

家で染めるときにメンドウなのが、手袋したり、
おでこや洋服に色が付かないように
気を付かわなきゃいけないことですよね。

植物由来で添加物も少ないのによく染まるルプルプは、
仕上りもしっとりするように、
昆布のエキスも入っているんです。

傷みにくい市販の白髪染めを探しているなら、
一度ルプルプを試してみて下さいね。

≪ルプルプ通販サイト≫ガゴメ昆布の白髪染め

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑