日立かみね公園桜の開花はいつ頃?お弁当を持って子連れで行きたい

公開日: 

自然の丘陵地を利用した茨城県日立市にある「かみね公園」は、
動物園・遊園地・レジャーランド・市民プールなどの集合施設で、
家族で楽しむにはとっておきの施設です。

そして日本さくら名所100選にも選ばれている桜を楽しめます♪
見頃情報などをまとめていますので、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

日立かみね公園 桜の開花はいつ頃?見所は?

 

いくつかの集合施設になっている「かみね公園」ですが、
トータルで園内には1000本ほどの桜の木があり、
その始まりは市民の手によって植えられたものと言われています。

 

見物ができる桜の種類はソメイヨシノを中心に
オオシマザクラ、ヤエザクラなど。

出典:日立市観光物産協会

出典:日立市観光物産協会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例年の見頃は4月上旬~下旬にかけてで、
満開の時期は家族連れでとてもにぎわい、
園内どこを見渡しても桜の木に包まれる景色はなんとも絶景です。

 

おすすめのお花見スポット

頂上の展望台が最高です。
周辺は芝生エリアも多いのでお弁当を持参してシートを
敷いて家族でのんびりと桜を眺めるもよし。

 

展望台からの景色は園内すべて桜一面で埋め尽くされ、
日立市の街並みも楽しめます。

スポンサードリンク

また展望台は入園無料、
24時間開放していますので日立市の夜景を背景に
夜桜を楽しむことができカップルにもおすすめですよ。

 

日立かみね公園と合わせて楽しみたい平和通りの桜並木

かみね公園もその会場のひとつ、
2016年4月1日~17日まで開催が予定されている「日立さくらまつり」。
そのメイン会場となっているのが平和通りです。

この期間の間は歩行者天国となり、
ユネスコ無形文化遺産にも登録された「日立風物流」を見ることができます。

 

日立風物流とは、高さ15メートル・幅8メートル・重さ5トンにもなる
豪華な山車で、その5層の屋根が開き操り人形が
演じられるものです。

市街地には約14000本もの桜が咲き誇り、
街を鮮やかにしてくれます。こちらのメイン会場も、
あわせて楽しみたいスポットです。

 

日本桜百選にも選ばれた 日立かみね公園はどんなところ?

各施設の営業時間は異なりますが、丘陵地頂上の中央展望台は
24時間営業になっていますので夜景も楽しむことができます。

営業時間
●動物園9:00~17:00(最終入園は16:15まで)
入園料:大人(高校生以上)510円、小人(4歳~中学生)100円
休園日:年末年始

●遊園地9:00~17:15
入園料:無料
のりもの券:1回券100円、回数券1300円、徳用券2500円(レジャーランド共通)
休園日:年末年始

●レジャーランド9:00~17:00
入園料:大人(高校生以上)450円、小人(4歳~中学生)200円
のりもの券:1回券100円、回数券1300円、徳用券2500円(遊園地共通)
休園日:月曜日

●市民プール9:00~20:00(最終入場は19:15)
入場料:大人(高校生以上)510円、小人(小・中学生)150円
休館日:毎週月曜※4月は月曜日も営業予定

まとめ

ぜひお弁当を持って行ってお花見を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑