子供の熱中症対策に帽子は必須?帽子の選び方は?

公開日: 

熱中症対策といえば帽子!
と、言っても過言ではないほど、
夏場の帽子はオススメされていますよね。

でも、蒸れや、何だか余計に暑い気もする・・・
帽子は本当に熱中症対策に向いているのか必須なのか?
などについてまとめています。

スポンサードリンク

子供の熱中症対策に帽子は必須?

熱中症とは、直射日光や高湿度の場所に長時間いることで、
身体の温度調節がうまく出来ず、
熱が身体にこもってしまう状態のこと。

直射日光や高湿度というと、もう日本の夏そのものですよね。
頭を直射日光から守ることはとても重要です。
kids1
実際、帽子を被らずに炎天下の中で座っていると、
段々頭痛がしてきて、吐き気を感じ、汗がでなくなります。
もう、これは熱中症ですよね。

 

しかし、帽子を被っていると、頭が直射日光から守られているので
頭痛がしにくくなります。
このように、帽子は頭を守る非常に大切なものだったのですね

 

帽子の選び方は? 大切な帽子選び

 

帽子だから被ればいい!というものではありませんよ。

スポンサードリンク

 

昨今、流行で被っている人なども多く見ますが、
真夏にサマーニットのニット帽は
熱中症対策の観点から見るとおすすめは出来ません!

 

やはり、夏に多く市場に出ている帽子には、
用途にあった適切な理由があります。

 

○ツバの広い帽子
子供の帽子にもありますが、キャップなど前方向のみのツバよりも、
外周にツバがひろがっている形は日陰もその分多く出来るので、
熱中症対策にはバッチリです。

 

○色の薄い帽子
紫外線カットの観点から見ると、黒や色の濃いものは
紫外線を通しにくいので非常に有効なのですが、
熱中症対策とするならば黒とは逆の白や淡い色のものがいいでしょう。

日光を跳ね返すには白が一番です。

 

○麦わら帽子
麦わら帽子は最高です。
紫外線カットも有効で、外周にツバもついており、
何より通気性に非常に優れています。
サイズがあれば夏場は麦わら帽子がよさそうですね。

 

+αで涼しくなる帽子の活用法

夏はとにかく暑いですよね。

そこで、頭と帽子の間に水で絞ったタオルを
はさむと結構気持ちよくて涼しくなります。

 

また、夏場によくドラッグストアでみかけるスプレーから
氷が噴射されるものを、タオルにふきかても良いです。

 

まとめ

夏はとにかく身体を冷やすことが大切です。
ですが、冷やしすぎは内臓に負担がかかるので要注意です。
頭はとくに夏から守ることで、かなり有効な熱中症対策になりそうですね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑