造幣局桜の通り抜けとは?期間限定なの?混雑する?

公開日:  最終更新日:2016/03/05

なんだか気温も高い日が続いて、
春も徐々に感じられるようになってきていますね。

今年はあなたも造幣局のレアな桜を見に行って
春の訪れを楽しみませんか?

スポンサードリンク

造幣局桜の通り抜けとは?

「造幣局の桜の通り抜け」というのは
通常は入ることができない、
造幣局本局(大阪市北区天満)の敷地内が期間限定で
解放され、桜を楽しめるイベントのことです。

造幣局のある旧淀川沿いは昔から桜が咲き乱れる有名なスポットですよね。
zouheikyoku
そして造幣局の敷地内に植えられた桜は明治の初め頃に
移植されたものが多く、めずらしい品種も数多くあり、
養老桜、大手毬など珍種とよばれるものもあるんですよ。

 

品種は130以上あり、ほとんどが八重桜になっています。

 

この通り抜けのイベントというのは実は明治16年から
局員だけではもったいないから、一般の方にも見てもらおうと、
開催されたもので、浪漫も感じますよね。

その提案をした方は当時の局長であった
あの「五代さま」なんだそうですよ。

スポンサードリンク

そうです、朝ドラで人気になったディーンフジオカさんが演じていた、
あの五代さまです。大阪市民の皆さんにもみてもらおうという提案をされたなんて、
ステキですよね。

 

今ではすっかり人気の桜スポットになっており、
期間中は70万人から80万人にものぼると言われています。

 

桜の通り抜けって一本通行?

通り抜けという名の通り、一方通行です。
長さはやく560メートルほどで、
造幣局南門(天満橋方面)から入場し、
桜宮橋の北門方面へと進みます。

 

期間限定っていつごろ開催されるの?

これは毎年、桜の開花状況によってかわります。
大体4月上旬~中旬頃になっています。
例えば2015年は4月9日~15日となっていました。
たった1週間の解放となるので混雑が気になりますよね。

 

通り抜けの日程が決まるのは例年3月の中旬頃になっていますので、
待ち遠しいですよね。

 

期間中は混雑する?

天候にもよりますが、土日はとても混雑します。
平日の日中は土日に比べるとまだ少ないです。

平日の夜は意外と混雑しますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?造幣局の桜の通り抜けについて
少し詳しく慣れましたよね。
コチラの記事ではアクセス方法などもまとめていますので、
参考にしてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑