敏感肌の為のこすらないクレンジングとは?化粧水もこすらない?

公開日: 

私は敏感肌で、Tゾーンは油っぽく、
でもほっぺたは乾燥しているというわがままな肌のため、
スキンケアについてはいつも試行錯誤しています。

今回は私が現在実践して調子のよい方法を御紹介します。
特に敏感肌の方にオススメです。

スポンサードリンク

bihada3

それは、「こすらない美容法」です。
私が勝手に名づけたものですが…。

美容に詳しい友人に教えてもらいました。
肌への摩擦は何よりもの大敵なのです。
思っている以上に手の平の刺激は強く、肌をこすることによって赤み、
しみやしわの原因になっているそうです。

やり方はその名の通り、「こすらない」ただそれだけです。

こすらないクレンジング法

まず、クレンジング。クレンジングをつけて
クルクルーが当たり前だと思っている方がとても多いのですが
今のクレンジングは洗浄力が強いため、
肌に乗せているだけでメイクと馴染んでくれるのです。

綺麗に洗った手のひらの上にクレンジング剤を出して、
手のひらで伸ばし、その手でそっと顔を覆って温めるだけです。

決して動かしてはいけません。

初めは私も半信半疑でしたが、クリームクレンジングを
使用していますが、きちんとメイクと馴染みました。
その後、洗顔するので多少落ちていなくても大丈夫だそうです。

スポンサードリンク

そして、洗顔。

これもモコモコに泡立てて肌にやさしく乗せるだけ。
10秒ほど乗せたら流して大丈夫。
洗い流す時もポイント。
シャワーは勢いが強いので肌のたるみの原因になります。

洗面器にぬるま湯を張って手で優しくすくって肌に当てます。
このときも上下にゴシゴシせず優しくかけるだけです。

こすらない化粧水、乳液の方法

化粧水・乳液もパッティングやこすったりせず、
手のひらの上に広げて
優しく肌に染み込ませるように手のひらを押し当てるだけです。

毛穴の汚れが残りそうだと思われるかもしれませんが、
むしろ擦ることによって毛穴に汚れを押し込んでいるそうで、
毛穴の汚れは泡に乗って出てきてくれるそうです。

優しく優しく、肌をいたわる様にスキンケアするのがポイントです。
是非お試しください。

ちなみに今一番話題になっているのが、テラクオーレという
クレンジングクリームです。

なんとアットコスメでの評判も1位になっているほど。
あわいローズの香りがなんともいやされるんです。

詳しくはコチラをクリックしてみてくださいね。



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑