紫外線が目に与える影響とは!?今からでも対策を始めよう!

公開日: 

紫外線が目に与える影響はあるんでしょうか?
紫外線が強くアスファルトなど照り返しが強く
目に悪くないかなーと不安ですよね。

スポンサードリンク

紫外線が目に与える影響は?

目と紫外線
紫外線が目に与える病気と言えば、
急性の紫外線角膜炎と漫性の翼状片、
白内障が知られています。

日頃の紫外線で常に目はダメージを受けています。
次に説明する目の病気にならない為にも、
日頃の紫外線対策はしておきたいですね。

それでは一つずつ解説していきますね。

角膜炎
目に強い紫外線をあびてしまうと、
黒目の表面に傷が付き炎症がおこります。

目の充血や、目の痛み、涙がとまらないなどの
症状が出る「紫外線角膜炎」という病気になります。

白内障
紫外線の波長によっては目の奥の水晶体や網膜まで達してしまいます。

すると、水晶体のたんぱく質に変化が起こり、
水晶体が濁って「白内障」という病気になって
しまいます。症状が進むと
失明の危険性もある病気だけに万全の対策が必要です。

翼状片

白目の組織の細胞が異常に増殖して
黒目に食い込んでしまって起こる目の病気です。

白目と黒目の境界が紫外線で傷つき、
その防御反応や修復の過程で起こるとかんがえられています。
初期症状では、充血や異物感、ドライアイ、眼精疲労などが現れます。

スポンサードリンク

目の紫外線対策で有効なものは?

目の紫外線対策には帽子やサングラスしか
できないんじゃないの?と思いますよね。

sunglass2
しかし、意外と【服】が目への紫外線を抑えることができるのです。
UVカット素材の服を着ることが有効です。

UVカット素材
繊維に、カーボンやセラミック、チタンなどの無機物質や、
化粧品に使われている紫外線吸着剤を、繊維製造時に練りこむ方法。
UVカット効果は持続し、
洗濯などによるUVカット率の低減はないとされています。

UVカット商品
紫外線吸着剤を染料と一緒に染める時に布時になじませたり、
製品になったものに後加工として吹き付けたりします。
持続性が弱く、洗濯を重ねるたびにその効果は落ちていくと言われています。

その他日焼け止めをぬったりスプレーするのが有効です。

日がさすところならばできるだけ日陰にはいる工夫も必要です。
もちろん日傘をさす、帽子をかぶる、
サングラスをするなど対策方法も有効です。

車に乗った時には美肌ガラスに交換することをオススメします。
目に光がはいらないようにする対策が必要なのです。

最近は女性だけでなく男性も紫外線を気にする人が多くなってきましたね。
男性も帽子や日傘をさしている人やUVカットの商品を着ている人が多いですね。

あなたも、春先から、夏が終わるまでの
紫外線が強いシーズンは肌への対策だけでなく、
目の対策もしっかりと行ってみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑