なぜファンデ前に、保湿力の高い下地が必要?選び方は?

公開日: 

あなたはきちんと下地を使っていますか?
ファンデにお金と手間をかけて、
適当な下地を使ったりしていないでしょうか?

下地の力を侮ってはいけません。

下地一つでメイクは変わります!
ただし、下地選びの際に保湿力を無視してはいけません。

まずは下地のおさらいをしてから・・・

まず、下地の役目をおさらいしましょう。

下地とは、毛穴やキメを整え、
ファンデーションのノリを良くするもの。

粉感を抑え、自然で美しい仕上がりへと導きます。

紫外線カットやカラーコントロール、
パール効果など様々な付加機能を持ったものも多く、
皮脂を抑えて化粧崩れを防ぐこともできます。

これだけでも、下地を使うメリットは十分!

さらに、商品によっては美容成分が配合されていたり、
くま隠しに特化したもの、赤ら顔を抑えるものなど様々。
これは下地を使わない手はないですね!

保湿力の高い下地の選び方

ここで注意しなければならないのが、下地の保湿成分。

下地が乾燥してしまうと、
その効果はたちどころに消え失せてしまうのです!

まず、ファンデーションとの密着効果がなくなり、
女性にとって最も怖い化粧崩れを起こします。

もちろん、肌の乾燥も促進させます。

粉吹きと皮脂の過剰分泌のどちらか一方、
もしくはその両方が肌に表れ、化粧崩れと肌荒れで見た目が最悪になってしまうことも…。
せっかく朝にしっかりスキンケアをしてばっちりメイクを決めたのに、
保湿力の乏しい下地だと全て台無しになってしまうわけです。

そんなのって悲しいですよね。
というわけで、下地を選ぶ際は、
保湿成分がしっかり配合されたものを選ぶのが必須なのです!

下地には油溶性の保湿成分が配合されていることをしっかりと確認しましょう。

スポンサードリンク

油溶性の保湿成分とは、ワセリンやスクワラン。
そして、保湿の要と言われるセラミドを忘れてはいけません。

少し高額になるかもしれませんが、
後ろに数字が付いたセラミド(「セラミド2」など)が配合されているものを選びましょう。
これは疑似セラミドではなく、本物のセラミドの証です。

使用を続ければ、ファンデーションのノリを良くするだけでなく、
肌そのものに作用して張りのあるツヤ肌を実現してくれるかもしれません。

下地を選ぶ際は、美容部員さんなどにしっかりと相談して、
色味と機能、そして保湿成分を兼ね備えたものをゲットしてくださいね。

下地を選ぶときの注意点

最後に、下地に関する注意をさせていただきます。
ここまで読んでれた方ならば、
すでに「下地万歳!」な気持ちになっているかもしれませんが…。

場合によっては、下地を使用する方が肌に
ダメージを与える場合もあります。

下地はカラー補正や紫外線カットなど様々な機能を持つため、
肌への負担が大きい場合もあるのです。
下地選びのポイントは、機能よりも保湿力だということですね。

もちろん、商品とお肌の相性というものもあります。
もともと肌が敏感な人は、新しい下地を使用する場合まずサンプルを試す、
パッチテストをするなど、少し慎重になった方がいいかもしれませんね。

また、下地そのものが肌に負担すぎると言う人もいるでしょう。

そういう人は、しっかりと保湿をしたお肌に
直接ファンデーションを塗布するのも選択の一つです。

下地の魅力である様々な付加機能は失いますが、
それ自体が肌に大きな悪影響となることはありません。
結果的に下地を使用するよりきれいに見える場合もあります。

ただし、下地を使用しなくてもとにかく保湿を心がけることは同じです。
お肌の状態をよく見極めて、メイク前の保湿は手を抜かないようにしましょうね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑