加湿器の種類 間違った選び方をする前にチェック!

公開日: 

最近電気屋さんに行って一番驚いたのは、加湿器ゾーン。

売り場にひしめく多種多様な加湿器。
その数の多さに圧倒されました。
季節的にも今が一番盛り上がっている時でしょうね。

しかし、これだけいろんな加湿器があると選ぶのにも困ってしまいますよね。

値段や、見た目の好み、付加機能など判断材料は様々ですが、
まず一番最初にチェックしなければいけないのは加湿システムでしょう!

今回は加湿器の4つの加湿システムについてお話しますね。
自分に合った加湿システムを決めることによって、
加湿器選びがぐっとはかどること間違いなしです!

スポンサードリンク

加湿器の4つの種類とは?

さて、前述のとおり、加湿器には以下の4つの加湿システムがあります。

・スチーム式
・気化式
・超音波式
・ハイブリッド式

これらはそれぞれに特徴とメリットデメリットがあり、
どれが優れていてどれが劣っているというわけではありません。

加湿器の使用シーンや各家庭によって、
どのシステムが適しているかは異なるというわけです。

加湿器種類
では、各システムを詳しく見ていきましょう。

・スチーム式

最も原始的なシステムともいえます。

タンク内の水を電力で沸かして
熱い蒸気を発生させる仕組みです。

加湿器を使わなくても、やかんを沸かすことで
再現することができますね。

水を沸かすのに時間と電力がかかりますが、
一度加湿が始まればその威力はとても強く、
加湿能力は総じて高いといえます。

また、水を沸かすことでタンク内の殺菌もできるため、
吹き出される蒸気に雑菌が含まれる心配はありません。

衛生的で健康と美容に優れた加湿器であると言えます。

スポンサードリンク

ただし、熱い蒸気が出る吹き出し口は触れると
火傷の恐れがあるため、小さなお子様や動物がいる
ご家庭では置く場所を工夫する必要があります。

・気化式

湿ったフィルターにファンで風を通して湿度を上げる仕組みです。

洗濯物の部屋干しと同じ原理ですね。
消費電力は比較的小さく、吹き出し口が熱くなることもないので
安心して使用することができます。

ただ、ファンの音が気になる場合があることと、
タンク内のお手入れをまめにしないと雑菌が繁殖してしまうこと、
そしてフィルターが消耗品であることが難点といえるでしょうか。

最近は長期間フィルター交換が不要なものもありますが、
衛生面を考えるとお手入れについては気が抜けません。

・超音波式

水を超音波で振動させて霧状に噴霧するシステムです。

よく雑貨屋さんなどでモクモク水蒸気を
出している加湿器はこのタイプですね。
消費電力が小さいことと音が小さいことが魅力です。

しかし、気化式と同じく熱式でないため、雑菌の増殖が懸念されます。

おしゃれなデザインでアロマディフューザーとして使用できるものも多いですが、
付加機能が少なく、適用床面積が小さいものが多い傾向があります。

・ハイブリッド式

スチーム式と気化式という2つを組み合わせたもの。

スチーム式で加湿し、一定の湿度まで上昇したら、
気化式にスイッチするというメカニズムです。

スチーム式と気化式の良いとこ取りをしたようなシステムで、
スチーム式より電気代が安く、気化式より加湿能力が高いので
スチーム式か気化式かで悩んでいる人にはピッタリです。
ただ、本体価格が高くなりがちなのが悩みどころですね。

いかがでしょうか。
非常に簡単にではありますが、それぞれの特徴やメリット、
デメリットをあげてみました。
加湿器に何を求めるか?

衛生面?安全性?デザイン性?低コスト?

生活形態や家族形態によってもそれぞれ異なるでしょう。
乾燥する季節がやってくる前に、
なたにぴったりの加湿器を探してみて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑