加湿器がない!?なくても加湿できる方法7選

公開日: 

本格的な冬が近づき、気になるのは乾燥ですよね。

風邪や病気の予防、そして美容のためにも乾燥は絶対に避けたい!
そんなときの強い味方といえば加湿器。

いまや加湿器を置いている家庭は珍しくないですし、
最近では公共施設でもよく見かけます。

乾燥しやすいホテルなどにも設置してくれているのはありがたいですね。

しかし、何気に高額商品である加湿器。

私もコストが気になっていまだに購入に至っていません。

また、部屋の広さや間取りによっては
わざわざ加湿器を使うのがもったいない、という人も少なくないのでは?

そんな人たちのために、
今回は加湿器なしで室内を加湿する7つの方法をお教えします!
実践しやすい順に紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

加湿器なしで室内を加湿する7つの方法

・室内干し

まず一つ目は洗濯物の室内干し。
冬だと天候の関係で部屋干しをする人も多いですよね。
ごくごく自然に取り入れられる方法だと思います!

この方法は気化式の加湿器と原理はほぼ同じ。
洗濯物が乾いて乾燥も防げるなんて一石二鳥ですね。

ただし、やりすぎは雑菌の繁殖や
悪臭を招くこともあるので、あくまでも適度にしましょう。

室内干し

・マスクを着用する

餅は餅屋ということで、
喉や鼻の粘膜を守るならマスクが一番でしょう!

自分の呼気がマスク内の湿度を適度に高めてくれ、
乾燥を防いでくれます。

ただし、多少の息苦しさは避けられませんし、
食事中は実行不可能ですね。

マスクをつけるのが苦手な人や、職業上マスク着用が望ましくない人、
メイクをしている女性には難しいかもしれません。

・カーテンに霧吹きをする

部屋干しの応用編でもありますが、
お部屋にカーテンがあればファブリーズなどをカーテンにたっぷり吹きかけてみてください。
もちろん、ただの水道水でもOK。

00211c1218edbb69001adf5c1a6d7138_s

その場合は毎回きちんと汲みなおしてくださいね。
ただ、やりすぎに注意です。

スポンサードリンク

特にこの時期の窓は結露もありますので、
気を付けないとカビが発生してしまいます。

・入浴後お風呂の扉を開けておく

入浴後のお風呂場内は蒸気に満ちています。

換気扇をオフにして扉を開けておけば、
室内に蒸気が流れ込み加湿することが可能です。

浴槽にお湯を張っておけば効果はさらに倍増!

dc8e7e22262d49b0f8897c0ae6f9e531_s

ただし、入浴後しか実行できないこと、シ
ャワー派の人には水道代やガス代がかさむこと、
部屋の間取りによっては冷気も室内に
運んでしまうことから実行が難しい場合もありますね。

・加湿器を自作する

ないなら作ってしまいましょう!何も難しいことはありません。

たとえば、バケツに丸めた新聞紙をたっぷり突き刺します。
そこに水を入れて、室内に置いておくだけ。
新聞紙がフィルターとなった気化式加湿器の完成です。

また、ペットボトルに水をいれて、
そこにコーヒーフィルターを差し込んだものもいいですね。

コーヒーフィルターの底に長く切ったスポンジなどをつけて
、最後まで吸水するようにすれば、一晩はもつでしょう。
手間はかかりますが、コストはかなり低いですよ。

・観葉植物を置く

なるべく葉の大きい観葉植物を用意しましょう。

植物は光合成によって酸素と水を発生させますので、
自然の力による加湿が可能というわけですね。

ただ、すでに観葉植物を置いている家庭であれば何も難しくはないですが、
新たに購入するというのは難しいかもしれませんね。
室内のインテリアチェンジなどを考えている場合は検討してみてください。

・水槽を置く

同じく、新たに購入することが難しいパターン。

物理的に大量の水分を室内に設置することで部屋を加湿する方法です。
よく、寝るときにベッドサイドにコップやたらいに水を
入れて置いておくという方法を耳にしますね。

それと似たような方法です。
ポンプを作動させ、水槽の蓋は完全には閉めずに少し開けておくこと。
応用というか、似たような方法として我が家が実行しているのは猫用の自動給水機。
ポンプで吸い上げて常に水流を作るたらい型のタイプです。

猫も喜んでいるし一石二鳥だと感じています。

以上、加湿器がないときに加湿する方法を紹介しました。
やはり一番手軽なのは室内干しですかね。
それでも加湿が追い付かない場合は、
健康と美容のためにもぜひ加湿器の購入を検討してみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑