無印のディフューザーはどのくらいの部屋で使うべき?

公開日: 

無印用品にて、
いつも通路側にあるミストが出ている、
ディフューザーが気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回はその無印用品のディフューザーについてまとめていきます。

無印では、何種類ものディフューザーが取り扱われています。

今回は超音波ディフューザー2種類と
磁気超音波式をまとめます。

無印の超音波ディフューザーは、わずか1年で20万台も売れたと言われています。
実際に、アロマ好きな方がどのくらい香りを楽しめるのか調べてみました。

スポンサードリンク

1、超音波 アロマ ディフューザー。

6~8畳と記載はされていますが、
実際には小型のため、4畳程度が最適とされています。

4畳と言うと、すごく狭いイメージが浮かぶかもしれませんが、
デスクワークをしながらやベッドサイドに置いて
アロマの香りを楽しみたい方には丁度いいサイズですね!

また、3時間程度と長時間使うことができないというのは、
ちょっとデメリットになりますね…。

2、超音波 うるおい アロマ ディフューザー。

無印ディフューザー
出典:http://www.muji.net/store/campaign/detail/C11090201

スポンサードリンク

これは最大15畳までアロマの広がるディフューザーなので、
リビングダイニングでアロマを楽しみたい方に最適です。

見た目はシンプルですが、
2段階に調整することのできるライトが内蔵されているので、
部屋に置いて間接照明としても使えます♪

広い部屋で自分の好きなアロマの香りを楽しむことが出来、
間接照明にもなるこちらはアロマ好きな方はアロマを替えて
部屋中ハッピーな香りに包まれるのでかなりオススメです。

リラックスタイムには必須アイテムになりますね!

3、磁気 超音波 アロマディフューザー。

これは1、2とは違い、
磁気で囲われた可愛いデザインのディフューザーです。

広さは目安としては、6~8畳ですが、
こちらも最初のディフューザーと同じくもう少し狭いお部屋や、
磁気のデザインに合った部屋で使うなど、場所を分けて置くこともオススメします♪

まとめ。

アロマディフューザーは、
あくまでアロマテラピーを楽しみたい方のために作られた商品です。
ちなみに、ディフューザーの意味は拡散。といいます。

加湿器とは違く、部屋の乾燥をうるおいに変えてくれるものではないのです。

よくアロマ加湿器と言う名前で売られている商品は、
加湿器にアロマエッセンスを垂らしてアロマと
加湿の両方を同時に使うことが出来ます。

しかし加湿もしたいという方には
アロマディフューザーは残念ながら適していません。

なので、無印のアロマディフューザーで
アロマテラピーを楽しみたい方は、
ディフューザーと加湿器の両方を別に買うことをオススメします♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑