正しいサングラスの選び方、日焼け防止にもつながるってほんと?

公開日: 

気温が少しずつ高くなってきた今日この頃、
そろそろ紫外線対策に本腰を入れる時期ですね。

けど、日焼け止めを塗って、
日傘を差して…、それで十分と思っていませんか?

お肌と同じくらい大切な部位である瞳の紫外線カットを忘れてはいけません!

実は、目の日焼けはとっても怖いものなんです。
目の病気を引き起こすだけではなく、
最近の研究ではお肌の日焼けとも関係するとか!
今回はそんな目の日焼けに関するお話。

目を守るためのサングラスの選び方や、
お肌の日焼けとの関係など、意外と知られていない事実についてとことんお話しします!

スポンサードリンク

正しいサングラスの選び方とは?

目を紫外線から守るのに最も効果的なのは、
当然の如くサングラスです!

最近はおしゃれで素敵なサングラスが増えており、
様々な形やレンズの色の中から自分にピッタリ似合うものも選べますが、
そもそもサングラスの本来の役割は太陽光から目を保護するということ。

サングラスの選び方

その役割を満たさないものでは、
どんなに可愛くておしゃれで自分に似合っていても意味はありません。

きちんと目を守るためには、
サングラス選びにもコツがあるのです!

まず一つ目のポイントは、レンズの色。

やっぱり、目を保護するためなら
色の濃いものが良いのかな?と思われますよね。

サングラスの色

確かに、色の濃いレンズでならば強い太陽光の中でも、
眩しさがかなり軽減されます。

この眩しさのもととなっているのは、
太陽光のうち半分以上を占める可視光線です。

これは読んで字のごとし、目に見える光であり、
この可視光線から目を守るためであれば濃い色のレンズは有効です。

しかし、紫外線はそうはいきません。

紫外線は人の目には見えない光で、
太陽光が眩しかろうが眩しくなかろうが降り注いでいます。

つまり、濃い色のレンズにしたところで、
紫外線をカットすることはできないんですね。

むしろ、瞳に紫外線が入る量を増やしてしまう恐れもあります。
ここで、瞳孔の働きに注目してみましょう。

瞳孔は明るいところでは閉じ、周囲が暗くなると開くことで、
瞳に入ってくる光の量を調節します。

濃いレンズのサングラスを付けた状態で
鏡を見れば一目瞭然ですが、瞳孔は暗い中でもしっかり光を取り込もうと、
大きく開かれているはずです。

つまり、濃い色のレンズであればあるほど、
瞳孔は光を取り込むために開かれ、
その結果紫外線もたくさん取り込んでしまうということ。

これらを考えると、レンズの色は
むしろ薄いほうがいいということになりますね。

極論、色のないものでもいいのです。
ただし、ただの色なしレンズでは意味がありません。
というわけで、二つ目のポイント!

レンズの性能です。

サングラスの性能

目的は目を紫外線から守ることなのですから、
紫外線カット効果がなければ意味はないですよね。

最近はほとんどのサングラスが紫外線カット効果付きですが
(100均など安いものだとわかりません)、

サングラスを選ぶ際に注目してほしいのは、
商品に記載されている
『紫外線カット率』や『紫外線透過率』、『UV400』といったもの。

カット率は高いものを、透過率は低いものを選んでくださいね。

また、UV400というのは比較的新しい紫外線カット効果の規格であり、
波長が400以下の紫外線をカットしますよ、という意味です。

紫外線にはその波長の長さによってA波、B波、C波の3つがありますが、
最も長いものが400なので、UV400であれば安心ですね。

サングラスを選ぶコツは以上です。

「でも、目の日焼けなんて、そんなに敏感にならなきゃいけないもの?」
なんていう疑問を持っているそこのあなた!
気持ちはわかります。
けれど、冒頭でもお話しした通り、
目の日焼けって本当に馬鹿にできないのです!

スポンサードリンク

サングラスと日焼けの関係

サングラスと日焼け

目の日焼けを馬鹿にできない理由の一つ目として、
お肌の日焼けとの関係性が挙げられます。

大阪市立大学が行ったマウスを使った研究によると、
なんと、紫外線を目に浴びたマウスは、
肌のメラニン色素も増えたというのです。

たとえ肌には一切紫外線が当たっていなくても、
目からの刺激によって、
脳は「紫外線があたっている!メラニン色素を作れ!」
という指令を出してしまうわけですね。

もちろん、これはあくまでもマウスを使った動物実験での話。

しかし、私たちの脳は目からの刺激
(目で見たものの情報や目に入った各種刺激)の影響をとっても強く受けますし、
理論的には人間においても十分あり得る話です。

多くの専門家が美白のためにはサングラスを!と
提唱しているのがその証拠ですね。

にわかには信じられないようなお話ですが、
どんなにしっかり日焼け止めを塗っていても、
目が無防備だとその効果がダウンしてしまう可能性は否定できません

完璧な紫外線対策をするなら、
紫外線から目をしっかり守ってくれる強い味方、
サングラスを忘れてはいけませんね。

また、サングラスに期待できる効果はそれだけではありません。

実は、目に入った紫外線が引き起こすトラブルは日焼けだけではなく、
様々な目の疾患まで引き起こしてしまうのです。

一番よくあるものとしては、充血やドライアイ、眼精疲労など。

これらは軽度のものですが、重症になると白内障や翼状片、
瞼裂斑といった眼病を患ってしまうことも…。
症状が進むと視力障害を起こすこともあるため、
これらを防ぐためにも紫外線カット効果のある
サングラスは絶対に一つは持っておきましょう!

目の病気にならないようにするには?

紫外線が引き起こす恐ろしい眼病の数々…。
これらを防ぐには、前述の通りサングラスが一番有効です。

もちろん、帽子や日傘でも一定の効果を得られまずが、
地上に降り注いだ紫外線は地面で反射して目に入ることもあるため、
やはり目全体を覆えるサングラスは理想的ですね。

そして、可能であれば一年を通してしっかり対策すること。

美白のためにはもはや常識ですが、
紫外線は季節を問わず1年中降り注いでいます。

一番多いのは5月から8月にかけてですが、
それ以外の季節も油断できません。

特に、ビルなどのコンクリートやアスファルトからの反射、
雪面からの反射はかなり強いものですので、
冬でもサングラスがあると安心です。

といっても、ゲレンデならまだしも、
冬の町中でサングラスはちょっと…という人も多いでしょう。

最近は紫外線カット効果のあるコンタクトレンズもありますので、
普段からコンタクトレンズを常用している方でしたら
そういったものを選ぶと自然ですね。

ただし、保護の範囲は黒目だけですので、
その点だけは注意しておきましょう。

ビタミンCの摂取も有効

その他に目の病気を防ぐ方法としては、
ビタミンCを摂取すること。

厚生労働省によると、ビタミンCを多めに摂取すると
、白内障のリスクがぐっと下がるという結果が出ているそうです。

また、ビタミンCといえば、強い抗酸化力と
メラニン色素の生成を抑える作用が有名。

紫外線によって目の中に発生した
活性酸素を無害化して眼病を予防するだけではなく、
美白の手助けもしてくれるとあれば、
何が何でも積極的に摂取したいですよね!

同じく高い抗酸化作用を示すものとして、
ルテインやビタミンE、アスタキサンチンなどもおすすめ。

これらは食品から摂取するのが理想的ですが、
それがどうしても難しい場合はサプリなどに頼るのもいいでしょう。

また、目が紫外線を浴びすぎてしまったときは、
目をゆっくり休ませ、冷やしたり、
上記成分が配合された目薬を使用するなどのケアをしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。
意外と知られていない目の日焼け。

その予防をするなら、サングラスの使用が間違いなし!

サングラスの選び方を間違えなければ、
お肌の日焼けだって防げる可能性があるのです!

そんなサングラス選びにおいて、レンズの色の濃さは重要ではありません。
透明の伊達メガネ風でもいいので、
しっかりと紫外線をカットする機能がついていることが大事です。

そしてその中から、自分に似合う形やフィットするものを選び取ってくださいね。

きちんとサングラスで目を保護することは
恐ろしい病気から目を守ることにもなります。

目はなかなか替えがきかない器官ですので、
しっかりケアをして健康な状態を維持できるようにしましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑