胃もたれを引き起こす3つの原因と5つの解消法

公開日: 

油物を食べた時や、食事の摂取量が多すぎた時、
アルコール飲料を飲み過ぎた時など
に感じることの多い症状が胃もたれです。

ただし、胃の働きが弱まっていると、
普通の食事をしただけでも胃もたれを引き起こしてしまいます。

身近な症状の中の一つでありながら、
お腹の中に、食物が残っている感覚が続くことで、
食欲の低下まで引き起こしてしいます。

そのまま放置せずに原因を知って
対策を始めていきましょう。

胃もたれには、大きく分けて、3つの主な原因があります。

一つ目は、普段の食生活です。刺激物や油物などの摂りすぎ、
早食い、暴飲暴食など、普段から、
食生活が乱れている方の場合、
胃の機能が著しく低下していることが多くあります。

二つ目は、過度なストレスです。

胃が正しく機能するように、
コントロールを行っている自律神経は、
ストレスによって、影響を受けやすく、過度なストレスがある場合、
自律神経のバランスが崩れ、交感神経のみが、
活発に働くことから、胃もたれがおこります。

三つ目は、胃の機能低下です。

スポンサードリンク

運動不足や加齢、虚弱体質の方など、
胃の機能低下がおこっている方は、
食事を摂取しても、消化運動に、多くの時間を要するため、
胃もたれを感じやすくなります。

これら、3つの原因からくる胃もたれの基本的な解消法は
5つあります。

1、腹八分の食事を摂取する方法
2、適度な運動
3、湯船に浸かることなどで、身体を冷えから守りる
4、消化運動を促進させる方法
5、医療機関を受診し、正しい処置を行ってもらう

胃もたれが、日常的にある方の場合、
機能性ディスペプシアという病気が疑われることが多いです。

機能性ディスペプシアは、胃の不快症状はあるのに、
ポリープや胃潰瘍といった、
異常が見つからない病気のことを言います。

機能性ディスペプシアの方は、潰瘍症型、
運動不全型、非特異型の3つに分けられ、それぞれ、
少しずつ症状が異なります。

近年では、こうした病気に効き目の高い薬なども開発されています。

胃もたれが慢性化している方は、
大病などが隠れていないか確かめるためにも、
一度、医師の診察や検査などを受けられた上で、
治療をされることをお勧めします。

胃もたれを治す

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑