【インフルエンザ予防】5つの食べ物で免疫力を高める!

公開日:  最終更新日:2017/11/01

食事は体作りの資本。
病気に負けない強い体を作るためには、
毎日の食事にも意識を向けてみましょう。

そうすれば、きっとインフルエンザに
打ち勝つ高い免疫力を持った体を手に入れられるでしょう!

そこで、今回はインフルを寄せ付けない
体作りに役立つ素晴らしい食べ物を5つにまとめてみました。

これであなたもインフル知らず!

スポンサードリンク

はちみつ

はちみつ殺菌効果

美容にも健康にも効果のあるはちみつ。

はちみつといえば、高い殺菌作用を持つことで
有名なマヌカハニーがすぐに思いつく人も多いのでは?

女性人気が高いので、すでに取り入れている人もいるかもしれませんね。

(もちろん、普通のはちみつも殺菌作用はちゃんともっているので、
無理にマヌカハニーを購入しなくても大丈夫)
インフルをはじめとした風邪のウイルスは喉や
鼻といった粘膜に付着して感染するため、
そのまま食べれば殺菌作用で喉についたウイルスを撃退してくれます。

さらに、はちみつによる自然な保湿作用が
喉に働いて喉を強く保ってくれます。

たまご

卵風邪予防

私たちの体の構成を一言でいうなら、たんぱく質の塊。

よって、良質なたんぱく質をしっかり摂取すれば、
免疫力の高い強い体を作ることもできるのです。

私たちにとってとても身近な食材であるたまごは、
良質なたんぱく質であると同時にある栄養をたっぷり含んでいます。
それはビタミンA。
粘膜保湿作用をもつビタミンAは、
まさにウイルスの感染予防にうってつけの栄養素です。

よって、インフルエンザ予防という面では
とても効率的な食べ物だといえるでしょう。

スポンサードリンク

ビタミンC豊富なフルーツ、野菜

ビタミンC予防

ただのフルーツではなく、
ビタミンCが豊富なフルーツを選びましょう。

レモンやイチゴ、みかんなど、手軽に購入できるものがおすすめ。

ビタミンCはウイルスを攻撃する白血球を活性化する作用があるので、
季節を問わず意識して摂取してください。

フルーツ以外だと、ブロッコリーやピーマンなどの野菜もいいですね。

りんご

リンゴで免疫

これからの季節においしく食べる機会が増えるリンゴは、
免疫機能を活性化させるポリフェノールが豊富です。

りんごの栄養素は皮に多く含まれるので(りんごに限ったことではありませんが)、
可能なら、よく洗って皮ごと食べるのが理想です。

発酵食品

発酵食品風邪予防

発酵食品を食べると、
豊富に含まれる乳酸菌によって腸内の環境が改善されます。

腸は体の内側にありながら口と肛門によって外界ともつながっており、
常にウイルスや異物とふれあっている場所です。

よって、その腸の環境をしっかり整えることは
免疫力の強化につながるということ!

納豆やヨーグルト、漬物…、なんでもいいので、
一日一回は発酵食品を口に入れることを意識するといいでしょう。

以上、インフルエンザ予防に効果的な食べ物ランキングでした。
この記事を参考に、明日からでも食事内容の見直しをしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑