カーネーション鉢植えの育て方は?枯れてきた?つぼみは?

公開日: 

せっかくプレゼントで頂いた鉢植え、長持ちさせたいですよね。

鉢植えの育て方がわからないという方の為に
注意しておきたい点や、カーネーションの元気が
なくなってきた時の対処法をまとめました。

スポンサードリンク

カーネーション鉢植えの育て方【水やり注意!】

まず頂いたときにラッピングされているものがあります。

鉢植えごとすっぽりとビニールにくるまれ、
リボンなどをかけられているものは非常に見た目も
かわいいのですが、むれる原因になるのでできるだけ早く
このビニールをとっておくことが大切です。

b9c153a1001845c77c566690b7436dca_s
・日向が好き
つぼみに水をかけるのはNG
・高温多湿はいや→風通しがよく日があたるところ、
  真夏の直射日光では高温になりすぎます。少し日陰へ移しましょう。
・水は土の表面がかわいたら土にかかるように
花が咲き見頃が過ぎたら摘みましょう。カビなどの原因になります。
・つぼみがたくさんある場合は花の液体肥料を週1回ほどあげても良い。
・満開の鉢植えの場合は室内の明るい場所

スポンサードリンク

カーネーションの鉢植えが枯れてきた時の対処

枯れてしまう主な原因
・水のあげすぎによる根腐れ。トレイには水が溜まっていませんか?
・日光不足 日光に十分当てていますか?
 日照不足で葉が黄色に変色していきます。

以上2点をまず確認して改善しましょう。
黄色に変わってしまった葉はとってしまいましょう。

・水やりの目安は土の表面が乾いたらあげましょう!
(花や葉にかからないように土にかけることを意識)

以上のことが出来ていれば、カーネーションは比較的育てやすい花ですよ。

カーネーションの鉢植え つぼみが咲かない!?

スカスカのつぼみがありませんか?

カーネーションは母の日の為に多く栽培され
つぼみが多くつくことがあり、その全てのつぼみが
咲くパワーを最初から持っていない場合もあります。

なので気にしても仕方ない場合があります。

しかし
適切な育て方で一つでも多くの
つぼみを咲かせてあげたいですよね。

対処法
スカスカのつぼみや小さすぎるつぼみは早めにカットしましょう。
そうすることで養分が元気なつぼみへと集中します。

まとめ

いかがでしたか?
鉢植えの状態を見て、早めに対処することで、
きれいな花をさかせることができますし、
見頃を過ぎた花をつむことで、来年の為に栄養を貯めて
もらうこともできます。

カーネーションをじょうずに育てて、来年も花をたのしんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑