インフルエンザ予防でタミフルを飲めばいい?保険は効く?

公開日:  最終更新日:2017/11/01

冬は楽しいイベントが目白押し!
間違っても、体調不良でキャンセルなんてしたくないですよね。
けど、仮にインフルエンザになってしまったら、
どんなに楽しみにしていたイベントでもキャンセルせざるを得ません…。

そこで、抗インフルエンザ作用のある
タミフルを服用するのはどうでしょう?

スポンサードリンク

タミフルでインフルエンザ予防できる?

タミフルというと、一般にはインフルを治すとき
処方されるというイメージが強いですよね。

タミフルとインフルエンザ

しかし、実はインフルを予防することのできる力を持った薬なのです!

とはいえ、タミフルは望めば誰でも病院で
処方してもらえるわけではありません。

(でないと、本当にタミフルが必要な
インフル感染者の分までなくなってしまいますからね)

予防のためにタミフルの処方を受けられるのは、
原則、インフルエンザに感染した人と密接に関わる人(家族など)や、
高齢者や疾患を抱えているなどで免疫力が落ちている人のみ。

スポンサードリンク

ただし、あくまで『原則』なので、例外もあります。

「どうしても外せない仕事や用事がある」、
「大事な試験を控えていて本番までインフルになりたくない!」
といった事情がある場合は、医師に相談してみるといいですね。

処方してくれるかどうかは医師次第ですが、
「インフルエンザの患者と接触してしまった!」
なんて場合であれば、ほぼ間違いなく処方してくれるでしょう。

タミフルは保険が利かない!?

注意すべきは、あくまで予防のための処方なので
健康保険が適用されないこと。
そして、服用中にしか効果がないことです。

およそ3000円強かかりますので、
よく考えてから処方してもらいましょう。

最後に、予防の基本はタミフルなどの薬ではなく、
あらかじめ受けるワクチン(予防接種)であるということを忘れないでください。

「ぜったいにインフルになりたくない!」と思うのであれば、
まずは予防注射を受けること。

予防薬は予防注射の代わりになるものではありません。

というわけで、なるべく早急にワクチン接種を受けるようにしましょう。
その上で、自分の予定とコストを考慮し、
予防薬を飲むかどうかを決定してくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑