自宅で出来る!?5つのインフルエンザ予防&対策

公開日:  最終更新日:2017/11/01

風邪の予防は、毎日の小さな対策の積み重ねから。
インフルエンザも同じです。

そこで、ここではインフルエンザ感染リスクを低下させる、
自宅でも毎日実践できる簡単な対策を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

家族をインフルから守る

①手洗いからのアルコール利用

基本はやっぱり手の洗浄とうがいですね。

さらに、空気が乾燥してきたこの時期は、
念には念を入れてアルコールスプレーまで行うといいでしょう。

手を洗う風邪予防

インフルはウイルスの飛び散りでうつるほか、
ウイルスに接触した手で
鼻や口といった粘膜付近に触れてもうつりやす
いもの。

手についたウイルスは帰宅したら(可能であれば出かけ先でも)
早急に洗い流しましょう!

②加湿

冬は加湿器を稼働させている、という人は多いかもしれませんね。
それ、正解。

ウイルスは空気が乾燥しているほど活発に飛散するため、
室内の加湿はその抑制にうってつけ。

また、粘膜を保湿することでウイルスに対する抵抗力も上がります。
空気が乾燥してきたら早めに加湿器を引っ張り出してください。

③2時間に1度くらいは換気

なかなか面倒な作業ではありますが、
2時間に1回程度は換気をすることを推奨します。

スポンサードリンク

「寒いからいや!」と思うかもしれませんが、
閉め切った部屋の空気がこの上なく汚いって知ってましたか?

目には見えない小さな埃やチリといったゴミ、
さまざまなウイルス、それから充満する二酸化炭素。

ウイルスを始め異物や有害物質を追い払う一番外側のバリアである粘膜も、
これではウイルスを追い払う前に疲弊してしまいます。

ちょっとだけ我慢して、換気の習慣をつけるようにしてくださいね。

④手がよく触れる場所のアルコール消毒

①でも説明したとおり、インフルはウイルスに
直接触れるという、接触感染のリスクも無視できません。
多くの人が触る部分…代表としてはドアノブ。

それから、電気などのスイッチ類やリモコン、
共用物が入った引き出しの取っ手などは、
積極的にアルコール除菌しましょう。

⑤マスク

マスクは予防効果が高い

自分および家族の誰かが人で混雑する場所に行くなどして
インフルの可能性がわずかでもあるなら、
自宅の中でもマスクを着用することをおすすめします。

最近は小顔に見えるマスクとか、ベースメイクやリップ、
チークが落ちにくいマスクといった、
女性に嬉しい便利マスクが増えています。

色や柄が可愛いマスクが多いのも嬉しいところですよね。

まとめ

以上、自宅でも実践できるインフル対策でした。
どれもこれも、手軽に始められるものばかりですよね。

とくに、アルコールスプレーとマスクは必需品です。

ドラッグストアに行けば大きいサイズのスプレーに
加えて携帯用のスプレーもあるので、
明日からでもバッグに入れて持ち歩くといいでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑