インフルエンザで高熱が出た!バファリンで解熱できる?

公開日: 

インフルエンザの怖いところは
驚くほどの高熱が出てしまうこと。

起き上がることもできなくなってしまえば、病院に行くこともできません。

そんなときふと、「市販の解熱鎮痛剤を飲めばいいのでは?」
と思う人は多いはず。

果たして、インフルエンザ発症中に市販の解熱鎮痛剤を飲んでもいいのか?
そして、ちゃんと解熱効果を得られるのか?

スポンサードリンク

バファリンはNG

答えを先に言うと、飲んでいいものもあればダメなものもあります。

具体的に言うと、
痛み止めや熱冷ましの王道でもあるバファリンはNG!
その理由は配合成分に隠れています。

さて、一口に解熱鎮痛成分といっても
いくつかの種類があるのは多くの方がご存知だと思います。

代表的なものはアスピリン、イブプロフェン、アセトアミノフェンあたり。

アスピリンはサリチル酸系と呼ばれる一群のひとつであり、
これはインフルの治療には使用できません。

よって、アスピリン配合のバファリンAやケロリンS錠、
サリチル酸系が入っている新セデス錠、ナロンエース、
ノーシンは飲んではダメ。

スポンサードリンク

これは以前インフルエンザを発症した人がアスピリンを飲んだ結果、
死亡してしまった前例があるため。
最悪の事態を避けるためにも、絶対に守るようにしましょう。

じゃあインフルの時に飲んでいい市販の薬は?

一方、残る二つのアセトアミノフェンとイブプロフェンは服用OK。
例えば、アセトアミノフェン配合のタイレノールA。

イブプロフェンならイブA錠、ノーシンピュア。

イブとインフルエンザ


出典:アマゾン

アセトアミノフェンとイブプロフェンを
あわせて配合しているバファリンルナiもおすすめですし、
同じ理由でバファリンプレミアムもいいですね。

生理痛対策に解熱鎮痛剤を常備している人も多いとは思いますが、
注意してほしいのは、同じシリーズでも、使用の可否が分かれること

たとえば、バファリンAはダメだけど、
バファリンプレミアムは大丈夫、とかですね。

また、アセトアミノフェンとアスピリンの
ダブル処方薬が意外に多いことにも気をつけて。

細かいことを言い出すとさらに複雑な話になってしまうので、
ひとまず、今回服用OKとして紹介した市販薬であれば大丈夫だと覚えておきましょう。

もちろん基本は病院に行くことが一番です!

体が動かせるようになったらすぐに病院へ行き、適切な処置を受けましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑