インフルエンザの初期の症状は?熱と痛み?

公開日: 

「インフルを発症したら即病院へ!」

よく言われることですが、
そもそも発症の見極めってどうすればいいのでしょうか?

具体的に、「これはインフルエンザだ!」と思える症状とは?
というわけで、今回はインフルエンザの初期症状について説明します。

スポンサードリンク

インフルの初期症状として代表的なのは、
やはり、突然の発熱ですね。

喉の痛みや鼻水といったわかりやすい予兆がなにもないところからの発熱は、
インフルエンザの可能性が極めて高いと言えるでしょう。

また、関節の痛みもよく見られる症状です。
年齢によっては熱が出ないこともあるので(熱は低年齢ほど高くなる傾向があります)、
心当たりのない体の節々の痛みには要注意。

インフルエンザ発熱

さらに、唐突な嘔吐で始まることもあります。
以上から、たとえ「これはインフルだ!」と思わなくても、
体に明らかな異変が起きている場合は、なるべく早く病院に行くといいでしょう。

スポンサードリンク

インフルエンザ吐き気

住んでいる地域でインフルの流行が始まった、
親しい人や家族がインフルにかかった、というようなことがあれば、
インフルエンザに感染している可能性はさらに高まります。

とはいえ、実際にインフルエンザの疑いを持って病院を受診した人のうち、
約半数はただの風邪や別の病気なのだとか。

だからというわけではありませんが、焦りは禁物。

弱っている体にむち打って無理矢理病院にやってきて、
そのせいで症状が悪化してしまっては大変です。

ひとまず少し休んで、自分の体に起こっている症状を見つめるのも大事。

熱が出ている場合は、昨夜はどうだったのか、
朝から現在にかけての挙動はどうなっているか、
体に痛みがある場合は、いつから始まったものなのか。

病院を受診した際にこういったことを医師に説明できると、
医師としても助かるでしょう。

意外に見極めが難しい、インフルエンザの初期症状。
ポイントは熱と体の痛み。
それから身近な感染者の有無です。

体が動くようであればなるべく早めに受診し、
外出が厳しいようであれば少し安静にして体力を温存しましょう。

受診した結果、ただの風邪だったとしても油断しないように。

この季節の風邪は悪化しやすいので、インフルの療養と同じように、
室温と湿度に気をつけつつじっくりと休みましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑