インフルエンザで熱が出ないこともある?病院に行かなくてもいい?

公開日: 

なんだか体がだるい…。
なんとなく熱っぽい気もする…。
これからの季節、上記の症状が見られた場合にまず疑うのはインフルエンザ。

「でも、インフルにしては症状が軽いし、やっぱりただの風邪かも?」
「この程度の症状だったら、病院に行かなくてもいいかな」
そんな風に思っているそこのあなた!
ちょっと待ってください!
それ、もしかしたら「隠れインフルエンザ」かもしれません!

スポンサードリンク

熱が出ないこともあり得る。痛みがある場合などは病院へ!

インフルエンザの症状といえば、高熱と節々の痛みが代表的。
でも、必ずしもそれらの症状が現れるとは限りません。

そもそも熱が出るのは、体がウイルスと戦っている何よりもの証拠。
でも、その戦う力が弱っている……つまり、免疫力が低下していたら?

だるい

インフルに感染していても熱が出ない、
もしくは熱が出てもすぐに下がってしまうこともあり得るのです。

スポンサードリンク

また、インフルの予防注射を受けた上で感染してしまった場合、
症状が軽くなることもあります。

この場合もあまり熱は出ず、「風邪かな?」と勘違いして
病院に行かないケースが多いようですね。

「症状が重症化しないならこんなにいいことないじゃん」
そう思うかもしれませんが、それこそがこの「隠れインフルエンザ」の怖いところ。
本人に自覚がなくても、ウイルスは体内で増殖し続けます。

気づかぬ間に肺炎などの合併症になってしまうリスクも高まりますし、
そうなれば完治には長い時間を要することになるでしょう。

また、感染拡大の可能性が格段に高くなることは言うまでもありません。

空気が乾燥してきて冬が近づいてくるこの時期から春にかけては、
たとえ「風邪かな?」程度の症状でもきちんと病院で診察を受けるのが賢明です。

おそらく、ほとんどの場合インフルエンザの検査をすることになるでしょう。

とくに、鼻水や咳などよりも寒気や節々の痛み、喉の痛みがある場合、
加えて身近にインフル感染者がいる場合は、
そのことを一番に医師に伝えてください。

インフルの検査というと「痛い・苦しい」で有名ですが、
実際に検査をしてインフルでなければそれに超したことはありません。

安心を得るためにも検査は必須事項です。
心を決めて病院へ行きましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑