インフルエンザにかかったら出勤はいつから?

公開日: 

インフルエンザはとても感染力が高く、
感染してしまった場合はその拡散を防ぐために出勤や登校が制限されます。

家でゆっくり休んで、回復を待ちましょう。
でも、一体いつまで休めばいいのでしょうか?

熱が下がればOK?
それとも熱が下がってから1日か2日は様子を見るべき?
今回は気になる出勤のタイミングについてお話します。

スポンサードリンク

まず確認するのは、職場の規定です。

インフルエンザに罹患した場合の出勤停止については、
企業ごとにきちんと定められているのが一般的です。

とくに、飲食系や接客サービス、
営業系ならかなり厳しく決められているでしょう。

インフルエンザ会社

場合によっては、家族が罹患した場合の規定まで定められていることもあります。

また、医師の診断書の提出を求められることもあるので、
その辺も確認しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

とくに規定が設けられていない場合、
一般的に言われている「発症から5日間は欠席すべき」
という説に従うという選択もありますが、
手っ取り早いのは医師の指示に従うことですね。

間違っても、「熱が下がれば出勤OK」とは思わないこと。

タミフルやリレンザといった強力な処方薬によってすぐに熱が下がったとしても、
ウイルスはまだ体の中にいて、その感染力は失われていません。

大事な仕事を抱えていたり仕事がたまってしまうのは大変ですが、
職場にさらなる迷惑をかけないためにも、しっかり養生しましょう。

以上をまとめると、優先度の高い順に

・会社の規定に従う
・医師の指示に従う
・発症から5日間を目安にする

となるでしょう。

会社の規定は本格的な流行が始まる前に
あらかじめ確認しておくのが理想です。

診断書が必要かどうか、有給扱いになるのかどうかも合わせてチェックしてください。

インフルエンザの感染力は驚異的です。

感染してしまい仕事を休まざるを得なくなったときの職場に対する罪悪感、
そして「早く復帰したい!」と焦る気持ちもわかりますが、
今はしっかり完治させることこそが一番大事な仕事。

感染拡大を防ぐことで職場に貢献していると考えると、
少し気持ちが楽になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑