お賽銭はいくら?5円じゃなくてもいいの?

公開日: 

習慣的に参拝することのない人でも、
お正月や観光地ではお賽銭を入れて神様にお祈りすることがあるでは?

縁結びや厄除け、交通安全、子宝安産学業成就など、
明確な願いを持った人ならなおさらですよね。

そこで気になるのが、お賽銭の額
よく「『ご縁』があるように5円玉」なんていいますが、
実際のところはどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

お賽銭は【気持ち】が大事!?

結論を先に言うと、お賽銭は気持ち次第!

日本人と神様のお付き合いは大変長いものです。

その歴史を振り返ると、
お賽銭は比較的新しい習慣とも言えるでしょう。

お賽銭いくら

ではお賽銭が習慣化する以前はどうしていたのかというと、
海の幸に山の幸、お米といった収穫物や、
お酒などをお供えするのが一般的だったようですね。

そのお供えも、もとは『これで願いを叶えてください』というより、
日ごろの恵みに感謝する、または神様の怒りをおさめる、
という意味合いだったのだとか。

その後、徐々に貨幣が流通し『お賽銭』が確立しましたが、
『お賽銭』自体も『神様へのお供え物』という意味を
もつ事は変わりません。

スポンサードリンク

つまり、金額の大きさよりも、
『いかに心を込めてお供えするか』が大事なのです。

なので、日頃の出来事に感謝する、
良いことが起きたという場合には、
1000円札など大きな額で感謝を伝えるという参拝者もいるようです。

無理のない金額を、日ごろの感謝を込めながら
お供えするようにしましょう。

とはいえ、「気持ち次第」といわれると余計に困ってしまうのも事実。

そこで、お賽銭の額の目安となる語呂合わせや
縁起かつぎの例をいくつか紹介します。

お賽銭5円

・基本の5円で「ご縁がありますように」。気持ちを込めれば安くてもOK。
・5円を2枚で「重ね重ね、ご縁がありますように」。
重ねることでより丁寧に。

・5円が8枚で「末広がりにご縁がありますように」。
実際には少し難しいかも?

・願い事の大きさに応じて金額もアップ。
・その時に自分が「供えたい!」と直感的に思った金額。
・5円玉や50円玉など、『先が見通せる穴』のあいた硬貨をつかう。
・10円玉は『遠縁』になるので避ける。
・500円玉はこれ以上大きな『効果=硬貨』がないので避ける。

以上の中から、自分が納得できるもの選び、
心を込めてお供えするといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑