正しく知りたい!神社のお参りの仕方とは?

公開日: 

せっかくパワースポットや神社に行っても、
ご利益やパワーをきちんと得られなければ意味がありませんよね。

とりわけ気を付けたいのは、神社の参拝マナー。

願いを叶えたい、大きな力を借りたいと思うのであれば、
神様に対して失礼のないように、正しい作法でお参りしましょう。

というわけで今回は、初詣の際にも役に立つ、
神社の正しい参拝方法についてお話します。

スポンサードリンク

記事が読むのが面倒!
という方は、こちらの動画をご覧ください↓

鳥居をくぐる

お参りは、鳥居をくぐるところから始まります。

鳥居

そして、手水、拝礼、そして再び鳥居を
くぐるまでがお参りの一連の流れですね。

その前に、大前提として服装のチェックも欠かせません。

特別な参拝の時以外はそれほど服装に神経質になる必要はありませんが、
参拝=神様にご挨拶する機会ですので、
あまりにもだらしない服装は避けたいですね。

旅先などで軽装になることはある程度しかたありませんが、
鳥居をくぐる前に一度服装を正すようにしましょう。

鳥居は、神様のいる場所と私たち人間が暮らす場所を区切る
境界線の役目をしています。

誰かの家を訪ねる際、黙って門をくぐる、
玄関を開ける、なんてことはしないですよね。
同じように、鳥居をくぐるときは帽子をとって一礼し、
「失礼します」や「よろしくお願いします」の意を示しましょう。

人通りの多いところで立ち止まることになるので、
後ろに人がいないか要チェック。

参道の真ん中は正中といって神様が通るところであり
私たちが通るのはマナー違反なので、、
鳥居で一礼の時点で真ん中を避けて左右どちらかに寄っておくこと。

参拝作法的にもベストですし、後続の人への配慮にもなるでしょう。

(大きな神社だと参道は左右どちらか片側通行になっていることもあります(例:伊勢神宮)。
参道に入る前には、掲示や看板をよく確認しましょう)

手水

次は手水です。

神様に拝礼する前に、手水舎で心と体を清めましょう。

といっても、実際に清める(洗う)のは手と口だけなのでご安心を。

順番は、柄杓をつかって左手→右手→
左手に受けた水で口をすすぐ→再度柄杓をつかって左手。

最後は使用した柄杓の柄も清めるため、
水の入った柄杓をわずかに立てて柄に水を流します。
そして柄杓を伏せて置いて完了。

スポンサードリンク

文字にすると少しわかりづらいかもしれませんが、
詳しい方法を掲示しているところも多いので、
一つずつ確認しながら行うと良いですね。

拝礼

お参り方法

そして拝礼。
神社における参拝は、『二礼二拍手一礼』が基本です。

参道は左右どちらかの端を歩きますが、
神様と向き合う時は正面に立ってOK。

お賽銭

まずは小さく一礼をして、
お賽銭の用意のある方は
ここでお賽銭をやさしく、お賽銭箱へ入れましょう。

勢いよく投げてはいけませんよ。

お賽銭いくら

『二礼二拍手一礼』

姿勢を正して深いお辞儀を2回し、手を合わせ2回拍手。
この時、右手を少し下にずらすのが正式な作法です。

その後はずらした手をもとに戻してきっちり手を合わせ、
心を込めてお祈りしてください。

細かくて難しい祝詞(のりと)などは唱えなくてもいいですが、
自分の名前と住所は必ず添えて、お伝えしたいこと、
聞きたいことをなどを祈りまし
両手を下ろしたら最後にもう一度深いお辞儀をして、拝礼は終了です。

帰るときは来たときと同じように参道の端を通り、
鳥居をくぐったら振り返り、
拝殿に向かって「ありがとうございました」の
意味をこめてお辞儀をしてください。

こうして書き出してみると色々と細かい決まりがある参拝マナー。
しっかり守ることも大切ですが、一番重要なのは心の持ちようです。

神様に対してきちんと敬意を表せれば、
細かい作法が多少違ってもばちが当たることはありません。

加えて、人の多い大きな神社や初詣などで混みあっているときは、
手水や二礼二拍手一礼、じっくりお祈りも難しいでしょう。

人に押されて、一礼する前に鳥居をくぐっていた、
気づけば参道の真ん中を通っていた、なんてことはありがちです。

(実際、初詣の行列は参道いっぱいに広がっています)
けど、正しい作法を知っててそうするのと知らずにそうするのとでは、
心の持ちようは全然違うはず。

まとめ

神聖な気持ちで神様と対面することができれば、
たとえ作法通りにいかなくても
ご利益やパワーを感じられそうですよね。

というわけで、神社を参拝する際は、
まず第一に神様に対して敬意を示すこと。
そして、作法はその時できる最大限で守るようにしましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑