除湿器で結露対策はできる?窓の結露は?寝室は?

公開日: 

梅雨のじめじめした季節が近づいてきましたね。
結露してしまうと、タオルでふいてもふいてもキリがないですし、
カビなどの原因にもなってしまうやっかいもの。

そんな結露対策にどんな除湿器が最適なのかまとめました。

スポンサードリンク
   

除湿器で結露対策はできる?【梅雨】

除湿器があることで、湿気を抑えることが
できるので結露対策として有効です。

梅雨や夏場の除湿に最適なのはコンプレッサー方式の除湿器。

コンプレッサー方式の特徴
・室温が20度以上で本領発揮
・コンプレッサーの動作音が聞こえる
・やや室温の上昇あり
88348bd74f56e31d27e1ad005e9661f8_s

除湿器の応用
洗濯物を部屋干しするときにコンプレッサー式の除湿器と
扇風機をあわせて使うことで効率よく洗濯物を乾かすことができます。

空気の流れを変えてみることでも、
室内の湿気対策をすることもできます。

・換気扇を24h稼働、または外出時は稼働
・扇風機を使用して洗濯物からでる湿気などを循環させること。

窓の結露 除湿器はどれが最適?

窓の結露が起こりやすいのは冬場ですね。

梅雨時の活躍するコンプレッサー方式の除湿器は
冬場に使うことは最適ではありません。

スポンサードリンク

冬場の結露対策にはデシカント式の除湿器が有効です。
(冬場だけでなく年中利用可能ですが、気温が上昇する点が
あるので夏場はデメリットになります。)

この場合の結露は外気乾燥している(湿度が低い)ときに
高温多湿の室内の空気が窓やドアなどに
外気の冷たい空気が接触して起こります。

つまり外は湿度が低く、室内の湿度が高いということですね。
簡単な方法としては換気をすれば室内の湿度は低くなりますが、
寒いのでそんなわけにはいきませんよね。

注意点
冬場は乾燥しすぎると風邪をひきやすくなりますので、
除湿のしすぎには十分注意しましょう。

湿度計などをチェックし50%~60%を保ちましょう。

寝室の結露 除湿器のおすすめは?騒音は?

梅雨時に最適なのはコンプレッサー式
(騒音はデシカントに比べると大きい)

冬場の結露対策にはデシカント式
(騒音は少ないが室温上昇あり)

どちらの除湿器も一長一短ですよね。
寝室に置く場合には一番気になるのが騒音ですよね。
除湿ができても、うるさくて眠れないのではストレスですよね。

コンプレッサー式を寝室で使う時に騒音対策として、
木材の板と耐震ジェルマットを利用することで
ある程度騒音を防ぐことができます。

ます除湿器を置きたいところに耐震ジェルを貼り、
その上に木材の板を乗せる、そのまた上に除湿器を
乗せるというイメージです。

こうすることによって振動音が吸収され、多少静かになります。

まとめ

梅雨の時と冬場の結露には同じ除湿器では対応しずらいので、
どちらかを我慢するか、ハイブリッドを選ぶのも一つの手段です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑