車の運転 紫外線対策は?UVカットガラスとは?日焼け止めは?

公開日: 

紫外線が気になり始める季節になってきました。
毎日車を使う、車通勤で片道30分などという方も
紫外線は気になりますよね。

最近の車のUVカット事情や日焼け止めの
種類や効果のある時間などをまとめてみました。

スポンサードリンク
   

車の運転 紫外線対策はしたほうがいい?

車の中はこの季節からは暑くなりますし、
運転中に腕に直射日光があたると
「日焼けやしみになってしまうー!」
と心配になりますよね。

しかし
最近の車は紫外線カットガラスを使用していているので
意外と車内は紫外線が少ないんですよ。

例えば、現行モデルのHonda N-ONE
フロントガラスは紫外線カット率99%以上
フロントドア99%以上

99%以上ってすごいですよね!
52b6fb8afed3f999db40cb6448cf74be_s

今までは必須アイテムのように感じていた、
マスク、
長袖またはアームカバー、
手袋、
首元用スカーフ、
UVカットのつばが大きい帽子、
顔を隠すようなスカーフなどなどは【必須】でなくても
紫外線は防げているんですね。

ただこれはあくまで車内の中です。
そこまで神経質になることはないですが、
車に乗り込むまで、車を出るときにUVカットの帽子などは
あったほうがいいですね。

スポンサードリンク

UVカットガラスの車だとしても、やっぱり不安という方も
いますが、つばが大きいUVカットの帽子、
顔・表情をすっぽりかくすようなスカーフは
運転の妨げ、コミュニケーションをとりずらいので
安全運転をするためには
さけたほうがよさそうです。

車の紫外線対策ガラスはUVカット?

第1章にも書いてありますが、
現行モデルのHonda N-ONE
フロントガラスは紫外線カット率99%以上
フロントドア99%以上。

その他の最近の車でもUVカットガラスは使用されています。

フロントガラス、フロントドアは99%以上という記載が
HONDAの場合わかりやすくしてあります。

一方リアガラスは90%以上という表記にかわります。
運転手に一番配慮されているのですが、もっと紫外線をカットしたい、
という場合は車内の内側から貼るUVカットフィルムというものも
あるので、完全防備したいのであれば、おすすめです。

車の運転 日焼け止めはどれがいいの?

強めの日焼け止めをたっぷり使うのは肌を酷使してしまうことも・・・
【強めの日焼け止めを塗れば安心】ということではないので、
使い方には注意しましょう。

モデルさんの日焼け止め対策として主流なのが、
弱めに日焼け止めをこまめに塗りなおすというやり方があります。

こうすることによって日焼け止めによる赤みや
肌トラブルは防ぐことができます。

また日焼け止めリキッドタイプはファンデーションよりも油分が多いので
肌には負担となります。使い過ぎには注意しましょう。

まとめ

車内は意外と紫外線が少ないことが判明しました。
ただ車を出れば紫外線をうけてしまうので、
帽子やスカーフは常に持ち歩くか、車内には常備しておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑