お中元 東北の時期は?東北の喜ばれるお中元は?

公開日: 

お中元の時期がやってきますね。
今回は「東北のお中元」についてまとめてみました。
参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク
   

お中元 東北の時期は?

東北でも関東のお中元の時期は一般的に同じで
7月1日~7月15日

まれに、東北独特のお中元の慣習が残るところもあり、
その場合期間は長く7月1日頃から8月お盆のころまでです。
この時のお中元はお返しするというマナーはなく、
また贈る側もお返しを期待せずに、ただ贈り物をするんだそうです。

ところかわればですね。

ちなみに北海道は関西方面と同じように
7月15日~8月15日なんですよね。

*お中元を贈る時の注意
お中元の時期はもらう側もたくさん届いてしまうことを
考慮し、少し時期を早めたり、遅くしたりすることで
相手の方への配慮につながります。

早めに贈るばあいは6月下旬から送り始めましょう。

スポンサードリンク

東北から贈るお中元で人気なのは?魚介にのし?

東北からの人気のお中元はやはり魚介類。
明太子やかき、ふかひれなどなど・・・

ここでお中元のマナーの注意点を一つ。
118465
実は魚介類をお中元として贈る時に注意しなければならないことがあります。

それは【のしをつけない】ということです。

なぜかというと、かつては贈り物としてのしアワビを吉事に贈ることが
良いならわしでした。しかしのしアワビは貴重なものなので、
のしアワビの代用としてのし飾りが誕生しました。

「のし」自体が生もの、または魚介類の意味がありますので、
お中元の中身が魚介類の場合はのしをつけなくても良いのですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑