2歳の赤ちゃん海でおむつで水遊びをさせる?水着?紫外線は?

公開日: 

2歳くらいになれば水遊びデビューをしていい年頃ですよね。
海や噴水などの水遊び場に連れて行くときは
どんな格好させればいいのかをまとめてみました!

紫外線対策についても書いていきますので、参考にどうぞ。

スポンサードリンク
   

2歳の赤ちゃん海でおむつで水遊びをさせる?

おむつをまだ使用中の赤ちゃんでもしっかりと準備をすれば、
海でも公共の水遊び場(噴水など)でも楽しく
水遊びをさせてあげることができます。

しかし【おむつ】だけでは水遊びをさせてはいけませんよ。
夏は紫外線が強いのでできるだけ肌の露出を防ぎましょう。

次に大切なのが【普通のおむつ】では
水遊びはさせないようにしましょう。

吸水ポリマーの作用でどんどん水を吸ってしまって
すぐにパンパンになって重たくなってしまいます。

水遊びをさせるときには水遊び用のおむつを使用しましょう。

水遊び用のおむつには紙と布との2種類あります。

ac1c7e0421fffe22c5c5924a3c89acf1_s

肌の露出をさけるには肌着を着せるか、水着、
またはラッシュガードがあると紫外線対策になりますよ。
紫外線対策については最後の章にもまとめています。

ラッシュガード ベビー用はどうなの?

水遊び用のおむつだけではもろだしの
赤ちゃんもかわいそうですよね。

スポンサードリンク

さらに夏は紫外線も強いので水着かラッシュガードを
着せてあげたいですよね。

せめて肌着を着せてあげましょう。
しかし肌着は水を吸って体を冷やしやすくなってしまうので、
水着やラッシュガードのように少し防水加工しているもののほうが、
赤ちゃんの体温調節も考えるといいですね。

ビキニタイプのセパレートの水着はおむつ交換時や、
着せてあげるのも楽ちんなのですが、
肌の露出が少し多いので紫外線は心配ですよね。

ベビー用ラッシュガードはどんな感じ?
ラッシュガードのメリットはUVカットのものもあるし
肌の露出も少なくてすむのですが、
締め付け感が苦手な赤ちゃんもいるのも事実です。

ファスナーなので赤ちゃんも慣れてしまえば、着せやすいんですよ。
166961

赤ちゃんに水着を着せて紫外線対策!

赤ちゃんのデリケートなお肌、紫外線から守りたいですよね。

炎天下で海、または水遊び場は紫外線も反射しやすいので
しっかり対策するにはやはり水着または
ラッシュガードをきせてあげること。

そでやズボン状になっていると日焼けしてしまう面積を
狭くすることができますし、
ラッシュガードによっては、UVカットの商品もあるんですよ。

水遊び用のおむつにプラスして水着かラッシュガード
という組み合わせがベストでしょう。
おしゃれ度を重視するより、機能面で選ぶことをおすすめします。

帽子も忘れずにかぶせてあげましょうね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑