隅田川の花火 第一会場と第二会場どっちで見る?穴場は?

公開日: 

隅田川の花火大会には第一会場と第二会場があるのですが、
初めて行く人達は第一会場に向かいがちなんです・・・

どっちで見る方が良いのか、混雑状況や穴場はどっちなのか
情報をまとめてみました。

スポンサードリンク
   

隅田川の花火 第一会場と第二会場どっちで見る?

初めて隅田川花火大会に参戦しようという方は、
第一会場をメイン(?)と思っているのか、
第一会場に向かいがちなんですよね。

結果、隅田公園や吾妻橋付近に人ごみが集中してしまいます。
座ってみるために場所取りを第一会場付近でするなら、
朝一に行かないとまず無理でしょう。
d1cf588ca43a87734f81ccb8ced38785_s
お昼を過ぎるとほぼ場所取りは終わりという感じです。
座ってみる部分が埋まってしまうと、
花火は警察に誘導されながら、
歩いてみることしかできないんですよね。

一方で、第二会場は夕方5時ごろでも
場所取りがまだできるんです!

(遠くの公園などが穴場と言われていますが、
第二会場が穴場ともいえるかもしれませんね。)

隅田川花火大会 第二会場の周辺はどんな感じ?

第二会場のほうが若干、人出が少ないことがわかりましたね。

では第二会場の最寄駅はどこでしょうか?
蔵前駅となります。
路線は都営浅草線、都営大江戸線です。

18時頃から、第二会場付近は交通規制が始まり、
江戸通り、春日通は歩行者天国にかわります。
この付近で座って花火鑑賞も可能です。

スポンサードリンク

第二会場付近は第一会場に比べると屋台が少ないのですが、
お祭り気分を味わいたいのであれば、第一会場もおすすめです。
213c12e5893997e11babbca7fc9f5089_s
屋台が少ない代わりに、コンビニが多く
飲み物やお菓子を買うのには
とっても便利で、トイレが一番助かります。

会場内には簡易トイレが設置されていますが、
全然数が足りていないようで、
長蛇の列になっているんですよね。

幼児、子連れの方もトイレの面では
第二会場付近のほうがいですよね。

隅田川花火大会の開始時間は?

第一会場と第二会場の打ち上げ時間は違いますが、
終了時刻はほぼ同なんですよ。

花火打上時間:第一会場19:05、第二会場は19:25です。

暑くなるので、
うちわや扇子があると、待ち時間も涼しいですよ。

第一会場と第二会場で打ちあがる花火の数の違いは?

参考にできる18年度データがあります。
平成18年の隅田川の花火の打ち上げ数は

約20,000発(コンクール玉200発を含む)
第一会場→9350発、第二会場→10650発

若干第二会場のほうが多いんですね!

まとめ

隅田川の花火大会の人出は90万にとも
100万人とも言われています。

穴場はどこなのか?という議論も知恵袋上では
話題になりますが、
ずばり言ってしまうと【穴場】はありません。

穴場というのは知る人ぞ知るというスポットですよね。
しかし100万人もの人出があるので、どこへ行っても人人人・・
という感じです。

今回の記事でまとめた結果、第二会場のほうが
どちらかというと穴場に近いかもしれませんね。
夏の風物詩、楽しんできてくださいね。

こちらの記事もどうぞ
→隅田川花火大会の混雑する駅は?遠くからでも見える場所どこ?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑