夏の手紙 書き出しは?7月編 文末は?

公開日: 

お中元を贈るときの添え状(手紙)や、
おつきあいの為のあいさつ状やお礼などを
書く機会もなにかと多い夏。

大人のマナーとして、基本はおさえておきましょう!

スポンサードリンク
   

夏の手紙 書き出しは?7月編

ビジネスではあまり長くたらたらと季節の言葉を入れなくても
良いという傾向にあります。

季節感を出すのは親しい方やお世話になっている方に気づかう言葉として
書いて伝えたいものですよね。
6df9469465df0ce4267898f905351e8c_s
・暑さ厳しい折
・暑中お見舞い申し上げます
・いよいよ本格的な夏をむかえましたが
・蝉の声が聞こえる季節となりましたが、
・7月に入り、梅雨明けが待たれる昨今ですが

・大暑の候
・酷暑の候

・三伏の候
【三伏の候とは?】
あまり聞いたことはないかもしれませんが、「酷暑」と
同じような使われ方をしていました。
三伏とは1年で一番暑いころに使用される言葉です。

スポンサードリンク

だいたい7月中旬から8月上旬まで使うことが出来ます。

8月中旬以降
・晩夏の候
・残暑厳しい毎日が続いておりますが
・残暑お見舞い申し上げます

夏の手紙 文末はどうやって書く?

・夏風邪などお召しになりませぬようご自愛くださいませ。
・暑さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
・今年は梅雨明けが遅れ、はっきりしない日が続いています。ご自愛のほどをお祈り申しあげます。
・本格的な夏を迎えます。酷暑に体調を崩されませんようご留意くださいませ

・寝苦しい夏の夜、冷房で体を冷やし過ぎませんようお気をつけください。

手紙の冒頭に拝啓とかいたら、手紙の最後には必ず敬具もお忘れなく。
女性の場合は手紙の最後にはかしことかきましょう。

まとめ

夏の手紙の冒頭の文と、文末についてまとめてみました。
これ以外にもたくさんの季節の言葉をいれた言い回しがあります。

お隣さんやご近所さんとばったり出くわしたときに、
「いいお天気ですね。」
「暑い日が続いてますね。」
などとあいさつをしたことがあると思います。
これは自然と相手を気づかいながらも、季節のあいさつの基本なんですよね。

なので決まった形にとらわれず過ぎずに、自分の言葉でもよいので、
ステキな表現をしながら相手に伝えたいですよね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑