伊豆お盆の花火はいつ?2017年版混み具合は?渋滞は?

公開日:  最終更新日:2017/01/04

伊豆の一番迫力がある花火大会と言えば。
【按針祭海の花火大会】ですよね。

花火大会についてまとめていきます。
またお盆中の気になる混雑情報もあり!

スポンサードリンク
   

伊豆お盆の花火はいつ?2017年版

2017年は8月10日に按針祭のフィナーレの
海の花火大会が開催されます。
(時間は20時から21時とゆっくりめにはじまります。)

伊東では一番迫力ある花火大会と言われていて、
約1万発の花火が打ち上げられます。

花火は伊東海岸一帯から見ることが出来、
穴場はなぎさ公園、オレンジビーチの堤防などが知られていますよね。

水上スターマインやクライマックスは感動ものです。

場所取りをするなら当日は午前中から混雑が始まりますので、
早めにとっておいたほうが良いですよ。
a0001_013974
オレンジビーチに面している道路は
交通規制がかかり、そのいったいが観覧席になります。

スポンサードリンク

花火が近くで見えるので迫力がありますよ。

お盆伊豆の混み具合はどんな感じ?

今年のお盆は8月13日から16日。
土日が含まれるので、いつもよりお盆休みが短いですよね。

お盆といっても毎日混み続けることはありませんが、
按針祭は8日から始まるお祭り、10日は一番大きな花火大会があるので、
10日の混雑はすごいです。
交通規制もかかるので市内はほぼ動きません。

夏の伊豆は一番の観光シーズンです、夜間の移動のほうが、
時間は短くて済みますよ。

伊豆お盆の渋滞情報!

お盆の渋滞はいつから始まるのでしょうか?
東京から伊豆へ向かうのにこむのはピークは13日朝、
16日はお昼頃から東京方面への混雑が予想されています。

夜中のうちに出発することができれば、135号での渋滞に巻き込まれることはまずないでしょう。

135号が渋滞しているなら、ターンパイク経由で→伊豆スカイラインの天城高原、
遠笠山道路で伊豆高原まで下るというルートもおすすめです。

・河津桜で有名な河津町から白浜まで通常は15分のところ、3時間弱かかることも。

東京方面から伊豆半島を南下するルートは4つあるので
どのルートがベターか、あなたの観光ルートに当てはめてみて下さいね。

・小田原・熱海経由

・沼津天城峠経由

・箱根スカイラインルート
あるいは沼津・西伊豆経由ですが、熱海・伊東経由の海岸線はやはり人気で渋滞の可能性が高い。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑