防災グッズリスト一人暮らしの女性編!化粧品は?オフィスには?

公開日: 

防災の日が近づいてきましたね。
家族用の防災グッズなどはホームセンターや
ネットショップにもあるけど、女性の一人暮らしの
場合は多いなぁと感じませんか?

万が一の時は必要な量を自分で
持っていかなくてはいけません。
あなたにあった防災グッズを用意しておくことが必要です。

震災の時は女性の衛生面の品物が
足りないということもよくあるんだとか・・・

スポンサードリンク
   

防災グッズのリスト 一人暮らしの女性編!

まず何よりも大切なのは【水】ですよね。
それに3日分の少量と、着替えと、化粧品と。。。
考えてみるだけでスゴイ量になってしまいそうですよね?

旅行ではないので必要なものを最低限持つことが大切です。

いざという時ににその防災グッズを
あなたが持って逃げていきます。【重い】と
疲れてしまって逆に足を引っ張るはめに。。

ここでは1人暮らしの女性に本当に必要な
防災グッズのリストアップをしていきます。

まずは両手が空くリュックにつめていきましょう!
071530
水 500mlのペットボトル 3個

懐中電灯(LED)

防寒グッズ(アルミのブランケット、カイロ、レインコートなどが良い)

笛(閉じ込められた時などに)

チョコレートやカロリーメイトなどの高カロリーな甘いモノや缶詰

スリッパ(靴を履いて逃げられなかった時用)

下着、靴下

レジャーシート

簡易トイレ

衛生用品(ナプキン、歯ブラシ、携帯ビデ)

布ガムテープ(とっさの止血など)

携帯ラジオ(手巻き充電)

救急セット、マスク(ばんそうこうや除菌のできるもの)

現金(小銭 公衆電話用)

スポンサードリンク

いかがでしたか?
本当に必要なものをリストアップしました。
あったら便利なものを追加していくと、どんどん荷物が
重くなってしまうので追加する際には注意が必要です。

このリュックを置く場所は?
少なくとも押入れの一番奥には入れないこと。

とっさのときは人はパニックになってしまうものです。
いつも目に入るところや玄関に置くと
いざというときにすぐに持っていくことができます。

防災グッズ 化粧品も忘れずに。

災害のときに化粧なんてかまってられないかもしれません。

しかしある程度、安全が確保できたり、
水も確保できている場合は
最低限の化粧品もあると安心ですよね。

最低限あるといいもの
・洗顔料
・化粧水(オールインワンがかさばらない)

・日焼け止め
・BBクリーム
・リップクリーム
・泡立てネット
お泊り用の小さなポーチのセットでも
コンパクトでおすすめです。

防災グッズ オフィスに置いておくことも大切

家にいるとき以外にも災害にあってしまうことも
ケースとしてはあります。

オフィスにいるときにはどんな防災グッズが必要でしょうか?

大きな会社ではオフィスに防災グッズを
備えていることもあります。
どんなものが入っているか、
細かくチェックしてみましょう。

恐らく、水、ヘルメット、非常食、
簡易トイレなどは最低限揃っているでしょう。

・歩きやすい靴 スニーカーなど
(長時間歩くことや、がれきのところを歩くにはやはり歩きやすい、
底が厚いスニーカーが必要です。)

・懐中電灯

・マスク 家まで帰る時に粉じんをふせぎましょう。

・衛生用品
最初の章でも触れたように女性特有の衛生用品は必須です
(ナプキン、ショーツ、下着、携帯ビデ)

・食料
チョコレートや飴、カロリーメイトなど

まとめ

東日本大震災でも避難先では女性に必要な衛生用品などは
不足していてとても不便な思いした方も多かったようです。

また、避難先で係員の人に衛生用品のことなどを
聞きにくいなどという現状もありました。

ただでさえ、いろいろな不安があるなかで、
自分の備えでクリアできるものは
準備しておきたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑