防災セットは必要?相場は?自分で作るのは可能?

公開日: 

地震、津波、噴火など自然災害がなんとなく多く感じる最近・・・
あなたは防災セット必要だと思いませんか?

市販の防災セットの相場や自分で作る場合についてまとめています。

スポンサードリンク
   

防災セットは必要?

定番の防災セットの中に入れるものとしては
水、マッチ、手回しラジオ、笛などです。

防災セットは命をつなぐのに必要なものです。
守るべき家族がいるなら最低限のものはそろえておきたいですね。
092223

防災グッズは大きくわけて2つの種類があります。
すぐに逃げるときにパッと持っていくものと、
災害が長期化したときに持っておきたい物です。

パッと持って逃げるようの防災グッズはこちらの記事にまとめて
あります。

防災セットの相場は?高い?

楽天、アマゾンといようなネットショップ、ホームセンターでも
市販の防災セットは買うことが出来ます。

家族○人分!
何日分!
などのように容量もさまざまです。
価格帯は5000円~25000円くらいです。

市販のセットの内容を見てみると
500mlの水が何本か、軍手、ガムテープ、ティッシュ、歯ブラシ・・・
結構普通の物が入ってるんですよね。

実は市販のものはまったく役に立たない
という考えの人も少なくないんです。

家族構成や子供がいるかどうかでも本当に必要なものは
違ってくるので、自分で必要なものを選んで
作る方が実は良いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

次の章で自分で作る防災セットについてですので
参考にしてみてくださいね。

防災セットは自分で作ることは可能?

可能です。
揃える場所は主に、ホームセンター、ドラッグストア、
専門的なグッズの場合は登山系のアウトドアショップにあります。
100円ショップでも買えるものはありますが、
安かろう悪かろうというものも多いですので、ご注意を。

まず必要なのが防水のリュックです。
40リットルから50リットルくらいの大きさが必要です。

今回は一時持ち出し用の防災セットを作ってみましょう。
二次持出し用は避難が長引くときに必要な物です。
こちらの記事へどうぞ

・水は一人3リットルあれば十分
・笛
・食料は一日2000キロカロリー前後(1人)
・保温用具、防寒着
・懐中電灯
・ライター・マッチ
・軍手や皮手袋
・着替え
・こどもがいる場合おむつなど
・女性は衛生用品
・簡易トイレ
・紙のガムテープ(止血にも使える)
・箸
・ビニール袋
・ナイフ、カッター、十得ナイフなど
・歯ブラシ
・現金(小銭も)
・常備薬

登山用品店などで売られているものは、強度も
高く、軽量、機能性も信頼できるものが多いのでおすすめです。

まとめ

自分で防災グッズをそろえるには手間も時間も必要です。
面倒くさくてなかなか作る気にならないという場合は、
とりあえず、ネットショップ
で買ってしまうのもいいかもしれませんね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑