母の日に鉢植え 育てやすいお花はあじさい?クレマチス?

公開日: 

花束だとうまく長持ちさせても1週間ほど枯れてしまいます。
そこで長持ちする鉢植えを送りたいけど、
育てるのに大変だとお母さんも大変ですよね?

長持ちして毎年きれいな花をさかせ、
育てやすい花はどんなものがあるのでしょうか?

母の日に鉢植えを♪育てやすいのはどれ?

長持ちする鉢植えかつ育てやすいものはあじさいと
クレマチス、ミニバラなどはどれも種類や色が豊富で
見栄えもいいしとてもすてきなプレゼントになります。
a1180_007302
マンションや集合住宅であれば、室内に飾れる胡蝶蘭、
寒さに強く5月から開花するラベンダーなどもgood

次の章から育てやすくてプレゼントに適した見栄えのいい花、
アジサイとクレマチスについて
まとめてみましたので、参考にしてくださいね。

母の日鉢植えにアジサイが選ばれる理由は?

鉢植えのあじさいは育てやすいと定評があり。
なぜかというととても丈夫で、乾燥のしすぎに
注意していれば容易に育てられます。

スポンサードリンク

開花期間も比較的長く、種類が多いし、
花もかわいらしいのでプレゼントに最適。
お庭があれば植え替えて毎年花を咲かせることもできます。

母の日鉢植えならクレマチス 多年草のすすめ

多年草で毎年花を楽しめます。つる性植物です。
色あざやかなものが多く、個人的に青紫の色がとってもすてきです。

クレマチスも丈夫で育てやすいんですよ。
私も実際に鉢植えのクレマチスを
お母さんにプレゼントしたことがあります。

植え替えしてもちゃんと育ち続け、
今も毎年花を咲かしてくれているそうです!
ガーデニング好きの方にも人気があるので種類もとても豊富。

育てやすい品種、寒冷地に向いている品種などもあるので
適したクレマチスを探してみては?

まとめ

お母さんがガーデニング好きの方であれば、
いろんな花の選択肢が広がりますが、
お花好きの方でも枯らしてしまうこともありますよね。

せっかくプレゼントするなら育てやすくて
きれいなお花をえらびたいですよね。

クレマチスとアジサイは実際に私が母にプレゼントしたことがあり、
いまでも毎年花を咲かせてくれています。

もともと母は南側の窓の近くに鉢植えの植物を
育てたりする人でしたが、クレマチスとあじさいは
そんなに手がかからないし、実際に花も毎年咲いているので
育てやすいと言っています。

あなたのお母さんに素敵なお花を選ぶ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑