花火大会の持ち物 場所取りするときに必要なものは?

公開日: 

花火大会の季節ですね。
日本各地でさまざまな花火大会が行われますが、
大きな会場だと場所取りが必要な場合がありますよね。

そんなの時にあったら便利な持ち物をまとめてみました。

スポンサードリンク
   

花火大会の持ち物 場所取りするときに必要なものは?

花火を観覧席の前の方で見たい場合や、座って良い場所で
見る場合には場所取りが必要ですよね。

そんなときに便利な物をリストアップしていきます。

①ビニールシートとクッション
場所取りをするならこの二つはセットで必須!
200024
場所取りの平均待ち時間は約3時間あるとして、
花火大会自体の時間は2時間弱。
つまり合計で5時間はコンクリートまたは地面に
腰を下ろさないといけません。

ビニールシートは汚れるのを防ぐのと、場所取りのスペースを
確保できます。

クッションがあれば、お尻の下にひいてお尻が痛くなって
しまうのを防ぎます!

ここでポイント!
場所取りのスペースが比較的広い場合は、
折り畳みのイスを持ち込めばもっと快適に
花火を見ることができます。

スポンサードリンク

しかし大きなイスすぎると後ろや周りの方の
目線も感じるので、一回り小さなものを選ぶのがベター。
072064

ポイント②
暇つぶしのものを持っていく!
待ち時間が2時間以上もあると結構長く感じますよね。
本やクロスワード系、スマホのゲームであれば
充電器を持っていくことをおすすめしますー。

花火大会の持ち物 便利なものは?

あったら便利なものをリストアップしていきますね。

①ウェットティッシュ
手を洗えるところはほぼないし、仮設トイレも水がない。。。
でも何か食べるときにはきれいにしたいし、
焼きそばやタコ焼きのソースで手がべたべたになってしまうこともあります。

そんな時はウェットティッシュが重宝します。

②暑さ対策グッズ
真夏日、猛暑日が続きますよね。
そんなときは熱中症予防に
帽子、扇子、ヒエピタなどを持っているとなんとかしのげます。

③レインコート
夏はゲリラ豪雨などのリスクが高いんですよね。
折り畳み傘はかさばるし、重いので
レインコートのほうがベターです。

④食べ物はスーパーで調達?
屋台の食べ物は雰囲気もあっていいのですが、
たこ焼き、焼きそばなど定番なものが多いのでたまには
スーパーのお惣菜などを持っていくのもおすすめ。

スーパーであれば、
餃子や肉団子などの中華系や、揚げ物を種類が豊富。
また飲み物類も屋台で買うより安く買えますよね。

まとめ

場所取りは炎天下のなかの長丁場になることを
少し想定しながら、持ち物を持っていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑