9月旬の魚は何がある?サンマ?鮭?レシピは?

公開日:  最終更新日:2015/09/07

夏から秋へと移り変わる9月。
9月ごろからおいしくなる旬のお魚情報!

スポンサードリンク

9月旬の魚は何がある?サンマ?鮭?

秋から冬にかけて海産物には脂がのり始め、おいしくなっていきますね。
さて9月に旬と言われているお魚はサンマ、鮭、ししゃもなどが代表的です。

その他には、秋かます、かれい、甘海老、
のどぐろなども9月から水揚げが盛んになっていきます。
687969299b665757c2d79231b4a3277e_s
代表的なさんまは漢字で書くと【秋刀魚】
秋という漢字が入るように秋が旬なんですよね。

旬のサンマには栄養素も豊富に含まれていますし、
刺身、焼き、なめろうなど
何にしてもおいしいサンマはぜひ食べておきたいですね。

9月旬の魚を使ったレシピ3選!

レシピを紹介!

さんまのこだわりの塩焼き!
塩焼きというのはとっても普通調理法ですが、
いくつかポイントをおさえるだけで、こだわりの絶品塩焼きになります。

ポイント1
大根おろしとカボスを用意。
サンマとの相性がよいかんきつはカボスです。フルーティな香りで
さんま独特の魚臭さをうまく抑えてくれます。

ポイント2
グリルのひと手間。
グリルは少し温めておいてからサンマを
乗せることで、皮がくっつきにくくなります。

グリルの大きさにもよりますが、サンマを横半分に切ってしまい
直接熱電源にあてることで香ばしく焼くことが出来ます。

最大のポイント
約10分ほど前にさんまに塩をふり臭みをとる!
これが一番重要です。
しばらくすると水分とともに嫌な臭いがでてきます。
これを拭き取り、グリルで焼き始めます。

ししゃもフライとタルタルソース♪
子持ちシシャモをエビフライのようにフライにして、
タルタルソースとともに頂きます!

ししゃもの卵の食感とぱりっとした表面はエビフライよりもうまい~。

 




 

鮭のホイル焼き(生臭くならない方法!)
先に出回る紅鮭を選ぶことで、ホイル焼きにしても
生臭くなりにくいのですが、
養殖ものを選ぶとどうしても生臭くなりがちなんですよね。

ホイルは密閉して火を通すので余計に生臭さがこもりやすいんです。

そんな時は最初にフライパンやグリルで表面を焼き、
ある程度脂が流れ出てきてからホイルに入れ、
レモン、バジル、ガーリックソルトなどを使うと
生臭さが緩和されますよ!お試しあれ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑