アパートの浴室乾燥機の電気代はどのくらい?換気は使う?

公開日: 

アパートのお風呂についている【浴室乾燥機】
梅雨時や雨が続く時、洋服を
すぐ乾かしたいときに使うと便利だけど、
電気代が高くなっていないか心配ですよね?

1回使うとどのくらいの電気代が
かかるのかを知っておきましょう!

スポンサードリンク
   

アパートの浴室乾燥機の電気代はどのくらいかかる?

浴室乾燥機の乾燥モードが
1260ワットあるって知っていましたか?

これはホットプレートやアイロンのようにワット数が
高いので、お風呂で大きなドライヤーを
使っているようなイメージを持ちましょう! で、電気代やばそう・・・

今回は例として大東建託で良く使われている、
【MAX浴室乾燥機】 型番113HMDの消費電力と
一般的な1ワット=0.022円として電気代を計算してみました!

乾燥と暖房機能は1260wなので、
1時間使うと 約28円かかるというわけですね。

(計算式は1260w×0.022円=27.72円)
28613104c636ba99eaa07295305e94e5_s
洗濯機から出したての洗濯物をそのまま
浴室に干して、乾燥機をつかう場合は5時間程度かかることも
あるので28円×5時間なので約140円となります。

たとえば週2回使用したら1か月で約1120円。
チリもつもれば意外と電気代は高くなってしまいますね。

使い過ぎには注意したほうがよさそうです。

賢い浴室乾燥機の使い方!電気代は換気を合わせて使うと安くなる?

ここで賢い浴室乾燥機の使い方を紹介します。
洋服を乾かすのに使うのだから、乾燥機能!だと思っていませんか?

実は洗い立ての洗濯物を乾燥機能のみで乾かすのは非常に
効率の悪いやり方なんですよね。

スポンサードリンク

3時間も、4時間も乾燥機能にしていたのに、
浴室を開けるとむわ~んと蒸した状態になっていたことありませんか?
そして肝心な洋服はからっとなんて乾いてないんですよね。

そこで合わせて使うと効率が良いのが
【換気機能】なんです。
換気機能でまずは洗濯物の水分を外に追い出してから
→乾燥という使い方をしてみましょう!

換気機能を使えば時短&節約にもなります。

換気機能を使う手順
①まずは浴室の水気を取る(意外と重要)

②洗い立ての洗濯物を浴室に干し
換気機能で2時間ほどつけておく。
(浴室に空気の流れ道を作るために、浴室のドアを10センチほど開ける)

③半乾き状態になったら乾燥機能で仕上げます。
洋服の種類にもよりますが2時間~3時間程度でカラッと仕上がります。
182442

この場合の電気代は合計で約57円です!
乾燥機能だけで乾かしたときは約140円なので
だいたい3分の1ほどのまで電気代を安くすることが出来ましたね。

計算式はコチラ↓

(乾燥機能は16.2w×0.022円なので1時間0.35円)
0.35円×2時間=0.7円 ←安っ!

0.7円の換気代と乾燥代が1時間約28円なので2時間で56円。

浴室乾燥機の電気代は除湿機を使えば安くなる?

もし除湿器をもっているなら除湿機を
合わせて使うという方法もあります。

浴室は小さく、密室にできるので、
実は除湿器を使うのに適した場所なんですよね。

同じように浴室の水気をとり、除湿器を入れます。
コードがはさまらない程度にドアをしめます。

この時に涼風機能で風を洗濯物に当てながら、
除湿機を稼働させます。

半乾きになったところで乾燥機能をするとからっと仕上がります。

まとめ

どうでしたか?浴室乾燥機をうまくつかうと、
時短、電気代節約につながりますのでぜひ紹介した方法を
試してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑