化粧水にアルコールが入っている理由とは?

公開日: 

アルコールやエタノールといった表記で
化粧水に配合されていますよね。
敏感肌でいろいろ検索するとアレルギー反応も
出てしまう人もいるんです。ではなぜアルコールは
配合されているのでしょうか?




化粧水にアルコールが入っている理由

敏感肌の人や、アルコールにアレルギー反応を
おこしてしまう人もいるのに、なぜ多くの化粧水には
アルコールが配合されているのかというと
さまざまな理由があるからです。

 

まずはニキビなどの菌を除菌するという役目や、
商品の防腐剤として配合されています。

 

 

また使用感のときに、すーーと伸びていく感じや
浸透感を感じやすいように配合されることもあります。

 

 

そのほかにも化粧品の成分の分離を避けるために配合されます。

 

 

このようにアルコールの配合にはたくさんの役割、
メリットもあるのですが、

やはり敏感肌の人や
生理などでたまにアルコールに反応してしまったり、
アルコールに多少のアレルギー反応があると
使い続けることは難しいですよね。

 

 

 

アルコールフリーの化粧水を使うなら

アルコールフリーの化粧水を使いたいけど、
どれだかわからないですよね。

アットコスメや、雑誌などでたまに

 
敏感肌用の特集などをしているので、日々チェックしてみると
人気のものや評価の良いものも見つかりますよ!

 

 

ちなみに私も敏感肌で悩んでいた時に、
BAILAという雑誌でみかけた
ディセンシアのアヤナスという化粧水を知り、
使い始めました。

 

雑誌の評価も高いというのもやっぱりホントで、
ヒリヒリ、ぴりぴり感がしないので驚きました。

いろいろアヤナスを調べて見ると他の雑誌にも

かなり多く取り上げられているのでびっくりしました。

WS000028

 

いまでもトライアルセットがあると思います。

もしあなたもアルコールフリーの化粧水を
探しているなら、試しにつかってみてください。

ayanasu

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑