更年期がつらい!薬だけに頼っているのが原因!?

公開日: 

閉経をする前後10年間もある
【更年期】。

聞いてはいたけど、こんなにつらいのが
10年間も続くと思うととてもしんどいですよね。

しかしそれは当然です。
なぜならあなたは処方されたクスリや漢方だけに
たよっているからです。

スポンサードリンク

なぜかというと、その処方されたクスリ、また
漢方であっても副作用があるからです。

例えば、
黄体ホルモン製剤は疲労倦怠感や、うつ傾向、便秘、脂質代謝が
悪くなるといったような副作用があります。

漢方では帰芍薬散エキスは胃の不快感、食欲が少なくなる、吐き気
肝機能の低下などもあります。

もちろんこれらのクスリ、漢方はある更年期の症状を
緩和させるために飲むものなのですが、
副作用も残念ながらでてしまい、

カラダへの違和感、不調となってしまうのです。

かといってクスリ、漢方の服用をやめて
更年期にたいしてはどのような対処をすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

一番効率よく、更年期に働きかけるのは
実はプラセンタなのです。

プラセンタは注射をするか、サプリメントで
簡単に摂取できます。

プラセンタ注射は決まった回数などを病院へいって
ウケなければいけないのですが、
プラセンタ配合のサプリであれば、
自宅で簡単に摂取が可能です。

一番うれしいのがプラセンタサプリには副作用がないことです。

プラセンタ自体に女性ホルモンに直接働きかけるパワーと、
自律神経を整えるパワーを
あわせ持っています。

2,3年前くらいから更年期のためのプラセンタサプリを
使っているという人が増え始めていますし、
価格も月7千円前後で続けられるので比較的安価です。

このようにプラセンタサプリを取り入れて、
つらい更年期をもっと快適に過ごしていきましょう。
この記事は更年期のプラセンタサプリについて詳しくのっている
サイトを参考にさせていただきました。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑